想定外の面白さ!ダナンのチャム彫刻博物館で歴史と文化を学ぼう

Pocket
LINEで送る

ダナン チャム彫刻博物館 大きな彫刻

ダナン観光のオススメスポット

ベトナム・ダナンには見どころがいっぱい!
ビーチや教会市場、カフェなど、色々と楽しみがある中で、オススメしたいスポットが今回ご紹介する「チャム彫刻博物館」。

普段、Na5riは博物館にはあまり行くことはない・・・。
だから、どんなもんなんだろうって思いつつも行ったら、これが想定していた以上に面白い!

アンコールワットなどの遺跡が好きなヒトにはピッタリだと思う。
Na5riも遺跡好きだから、かなり楽しめた!

って、ことで今回はチャム彫刻博物館をご紹介!

それではイッテミヨー!

チャム彫刻博物館とは

チャムってなんか可愛らしい、ちょっとチャーミングな名前ね!と思ったのはNa5riだけじゃないはず!?

でも、チャムって何??

うーん、良く分からないってヒトのために、簡単に説明すると、チャム族と言う民族がベトナム中部でチャンパ王国と言う国を作り、長い間支配した国のこと。
その時代の遺跡や造作物が展示されている博物館ということである。
だから、チャム彫刻博物館。

チャムは民族でチャンパは国名ってことネ。

その歴史は古く、2世紀末から18世紀頃まで存在しており、ちょっとびっくりするぐらいの歴史を刻んでいる

あなどれない、この歴史のスケール!

このチャンパ王国、現在のベトナムからは想像しにくいけど、ヒンドゥー教を宗教としていた。

さて、博物館の話にもどろう。

チャム彫刻博物館では、ダナンも含むベトナム中部を統治していたチャンパ王国から発掘された遺跡や出土品が多く展示されている。
その多くはベトナムの世界遺産として有名なミーソン遺跡から発掘されたもので、もう、これを聞いただけでちょっと行きたくなるでしょ!

ダナン旅行でミーソン遺跡に行くヒトも多いと思うので、ミーソン遺跡を訪れる前の予習としても是非ともオススメの場所である。

博物館に行ってみよう

まずは博物館の場所からご紹介。

場所はココ。

竜のモチーフで有名なロン橋からすぐ。

博物館の場所は分かりやすいんだけど、入口が分かりにくい・・・。
以下のマップも参考にね。

ミーケビーチ側からロン橋を渡ると博物館が見えてくるけど、まっすぐ行かずに、左に曲がって博物館にそって歩こう。
すると、入場ゲートが見えてくる。
Na5riは分からなくて敷地を半周してしまったので・・・。

ダナン チャム彫刻博物館 看板

ダナン チャム彫刻博物館 入口

入場ゲートでチケットを購入。
入場料は60000ドン(日本円で約300円)
決して安くはない。

入ってみると、彫刻の種類と数に圧倒される。

ダナン チャム彫刻博物館

ダナン チャム彫刻博物館

日本でもお馴染みのヒンドゥー教の神々の彫刻も!
象の顔をもつガネーシャも。

ダナン チャム彫刻博物館 ガネーシャ

インド好きのNa5riは大興奮。
素晴らしいな~。
つい時間を忘れて見入ってしまう。

ダナン チャム彫刻博物館 彫刻

ダナン チャム彫刻博物館

ここ、面白いわ。

精細に作られた彫刻の数々は本当に美しい。
しかも種類が多く、大型の彫像も多いので見ごたえは十分、迫力満点。

ダナン チャム彫刻博物館 大きな彫刻

ダナン チャム彫刻博物館 足の彫刻

彫刻以外にも出土品の展示も紹介されている。

ダナン チャム彫刻博物館 彫刻

そしてパネル展もあるので、ベトナム中部の歴史を知ることができる。

ダナン チャム彫刻博物館

ダナン チャム彫刻博物館

思った以上に楽しいぞ・・・。
ダナン観光でオススメしたいスポットのひとつであることは間違いない。
もしNa5riが次回ダナンを訪れても、また行きたいと思う。

まとめ

今回はダナンの街の中心部にある博物館、チャム彫刻博物館をご紹介しました。

チャム族が作ったチャンパ王国の彫刻の数々が展示さている博物館。
ダナン観光ではビーチも良いけど、こういう歴史や文化、アートに触れられる旅も楽しいと思うな。

ゆっくり回ると2時間程度は過ぎちゃうかも・・・。

正直言うと、あんまり期待していなかったけど、想像以上に楽しめた。
リピートしたい博物館であることを付け加えて終わりとします!

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です