どっちが面白い?観光で楽しみたいダナンのコン市場とハン市場

Pocket
LINEで送る

ダナン コン市場魚売り場

ダナンで市場巡り

ダナン旅行の楽しみと言えば、ビーチに海鮮料理、おしゃれなカフェ巡りと楽しみたいことがいっぱい。
そんな中でNa5riがオススメしたい観光が市場巡り

え~市場巡りと思ったアナタ・・・確かにそうかもしれない。
ダナンにまで来て市場・・・と思われても不思議はないし・・・。

でも、でも、でーも、アジアの熱気と活気が感じられる市場巡りが好きなヒトにとって、ダナンの市場巡りも楽しい場所
Na5riは市場巡りが大好きなので、ダナンでももちろん市場巡りを楽しんだ!ってことで今回はダナンの有名な2つの市場の特徴をご紹介。

同じ街にあって歩いて行ける距離でも雰囲気が異なる所が面白い!
ダナン観光の参考に!

それではイッテミヨー!

コン市場とハン市場

ダナンの有名な市場と言えばコン市場ハン市場
両方ともダナンのガイドブックに紹介されているメジャーな市場である。

そんな2つの市場だけど、それぞれ違う表情を持っている。

何が違うの?

それぞれの市場の紹介は以下の記事に譲るとして、市場の雰囲気の何が違うかを書いてみたいと思う。

(参考記事)
●ハン市場について
ダナンでショッピング!お買物、お土産選びならハン市場!

●コン市場について
ダナン観光で絶対行きたい!まさに庶民の台所、コン市場は楽しすぎ

市場として何が違うかと言うと、ローカルな雰囲気度が違う。

まずはハン市場について

ダナン ハン市場入口

ハン市場はダナンのメイン観光スポットに近いこともあってか、どちらかと言うと観光的な要素が強い。
ホーチミンでいうベンタン市場の雰囲気に近いかも。
ベトナムコーヒーや雑貨といったお土産品も売られているので、観光でお土産を探しているヒトには良さそう。

ダナン ハン市場

もちろんハン市場にも食堂コーナーや野菜、南国フルーツ、魚介類、お肉などが売られているので、地元のヒトも多く訪れているし、アジアの市場の雰囲気は楽しむことができる。

ダナン ハン市場魚屋

ダナン ハン市場肉屋

そしてコン市場は?

ダナン コン市場

一方で、コン市場はと言うと、ドローカルな雰囲気がムンムン
市場に訪れるお客さんのほとんどは地元のローカル客

だだっ広い市場内には、魚売り場では生きたままの魚が跳ねながら売られており、それを求めるノンラーを被った女性客。
そんな雰囲気が味わえる市場である。

ダナン コン市場魚売り場

南国フルーツや生鮮野菜を見て回るだけでも楽しめちゃう。

ダナン コン市場 果物売り場

まさにアジアの熱気と活気を味わえる市場である。

ダナン コン市場魚売り場

食堂は安いし、物価もローカルプライスなのがうれしい。

ダナン コン市場 食堂

Na5riは朝ごはんにカオラウを食べたけど、2万ドン(日本円で約100円)というお値段。
美味しかったな~。

コン市場はダナンの中心部から少し離れていて、ハン市場から歩いたら25分~30分程度
歩けない距離じゃないけど、タクシーならあっという間。
因みにNa5riは歩いたら25分だった。

まとめ

今回はダナンの2大市場、ハン市場とコン市場の違いについてご紹介しました。

要約すると以下のような感じ。

ハン市場
観光:★★★
お土産:★★★
ローカル度:★☆
結論:観光でショッピングも楽しみたいヒトはハン市場へ。

コン市場
観光:★
お土産:★
ローカル度:★★★★★
結論:アジアの小汚い雰囲気と熱気を味わいたいヒトはコン市場へ。

完全にNa5riの個人的な主観が200%入っているので・・・。

大雑把に書くとこんな感じだと思う。
それぞれ自分の目的で市場観光を楽しんでみてはどうでしょうか。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です