ホーチミン旅行で傘は必要?折畳み傘を持って行く?雨季と乾季で考えてみた

Pocket
LINEで送る

雨の街中

ホーチミンの天候とは?

ベトナム南部の大都市、ホーチミン。
常夏と言えるほど一年中暑い気候である。
どれくらい暑いかと言うと、1月でも7月でも11月でも半袖で過ごす事ができる素晴らしい気候の地である。

晴れたホーチミンの空

冬になると朝晩は過ごしやすくなるけど、Na5riは半袖でOK。

そんなホーチミン、5月頃から12月頃にかけて日課の如くスコールが降る雨季に突入する。
と、いう事で、今回の記事では、ホーチミン旅行で旅で傘って必要?って事を考えてみました。

傘を持って行くの面倒だよね・・・雨が降らないと全く役に立たないし、雨が降って傘が大活躍するのも嫌だし・・・。

ホーチミン旅行で傘についてお悩みのアナタ、ずばり必要かこの記事を読んでご判断を!
雨季にホーチミンを訪れた自身の体験を元に書いています。

それではイッテミヨー!

旅行に傘って持って行く?

傘を持って行くか、行かないか、まずは季節が大きく影響すると思う。

因みに、Na5riは一応だけど、気象予報士と言う、もっともらしい資格を持っている。
が、あまりベトナムの天気とは関係ないのも事実。
ハッキリ言って、自分の旅の経験のみである・・・。

え~~っとですね、まず乾季に傘が必要かと問われると、Na5ri予報士の見解は要らない

乾季で雨が降ればアンラッキー程度で考えよう。
しょうがないよ。

チョロンの街

天気は変えることができないし・・・、雨が降れば現地で傘を買えば良いよ。
それを言っちゃぁ、この記事が不要じゃん・・・。
ってことで、乾季は傘は必要無っし!

問題は雨季スコールの激しい雨

問題となるのは5月以降12月頃にかけての雨季。

この季節は1日のどこかで雨が降ると考えた方が無難
もちろん、雨が降らない日もある

実際、雨季にホーチミンに行って1日も降らなかった事もあるのも事実
が、それはまれで雨が降るものと考えておこう。

で、スコールの時は、傘なんて役に立たないほどの土砂降りも日常茶飯事。
折りたたみ傘?ハァ?何それって感じ

で、雨季に傘が必要かと問われると、Na5ri予報士の見解は要らない!
雨宿りでOK!と、書きたかった。
実はそう思っていた。

が、11月にホーチミンを訪れた際、雨が降り続いて止まない・・・と言う事態に・・・。
そういう時には折り畳み傘があったら絶対に役に立つ

足止めを食らって何時間も雨宿りになったら最悪!
そんな時に傘があればな~とか思う。

実際、Na5riは傘を買いに行ったもん・・・ビンコムセンターに
ずっと雨宿りなんかしてらんない・・・。
旅の時間は限られているという事で、5万ドン位の傘を買った・・・、クヤシイ・・・。

という事で、雨季に雨が降るのは当たり前!
傘でスコールを雨で凌ごうなんて、ナンセンスだけど、無いよりはあった方が良いと思う。

どうせすぐ止むし、どこかで雨宿りでもして過ごせる雨の時もあれば、そうでない時もある。

タクシーを捕まえようにも、雨が降るとタクシーを捕まえるのが非常に困難
ローカルベトナム人を押しのけて、タクシーに乗り込むのは観光客にとっては至難の業。

まとめ

え、まとめて良いの?って感じだけど、マトメマス!

ホーチミン旅行で乾季では傘は必要なし

雨季の場合は、傘があれば役に立つ。

無くても、買えば良いと思う人は持っていく必要なし。
傘を買ってしまった張本人のNa5riは、雨季には持っていく。
持っていかないなら傘を売っていそうな場所を把握しておくのも大事かもネ。

この情報が皆さんの旅に役に立つのか一抹の不安を残しつつ・・・、この辺で。

このブログのせいでビシャビシャになっても責任は負えません・・・その時はユルシテネ!

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です