これで完璧!専用フィルターでも簡単!ベトナムコーヒーの入れ方

Pocket
LINEで送る

ベトナムコーヒーアイス

ベトナムコーヒーを入れてみよう

ベトナムコーヒーはアルミ等の素材で出来た専用のフィルターで入れて飲むが、これが中々洒落ていて素敵だと思う。一方で、コーヒーの入れ方については、あまり馴染みがないと思うので、専用フィルターを使ったコーヒーの入れ方をご紹介しようと思う。

いやいや、その前に、ベトナムコーヒーって何?って方はこちらが必読!

なんせ、1年で350回はこのフィルターを使って飲みこんでいるNa5ri完全我流ではあるが美味しく飲めているので問題Nothing!

ベトナムコーヒーを自宅でも飲みたい方必見!!
レッツトライ!

ベトナムコーヒーはNa5riでも簡単に入れることができる。要は、コーヒー入れて、上からお湯を注げばOK・・・の一連の流れで解説。

まず必要な道具

(1)コーヒーカップ
コーヒーを飲むのにマストアイテム。自分のお気に入りのカップを用意しよう。
ベトナムコーヒーの入れ方(バッチャン焼き)
Na5riはホーチミンのベンタン市場で買ったバッチャン焼きを使っている。この赤とんぼが素敵だなと毎朝思う。

そして、次に必要なのが、
(2)コーヒーフィルター
ベトナムコーヒーの入れ方(蓋をして待つ)

ベトナムコーヒーを入れる時の専用フィルター。
コーヒーフィルター売り場
ホーチミンで買うと安いので、コーヒー豆を買った時と同時にゲットするのがオススメ。コーヒー売り場に行けば写真のように雑多に売っている。もしくは台所用品のコーナーかも。サイズも色々あるので、自分の飲む量、カップに合わせると良いと思う。

やっぱりホーチミンで買うほうが安いけど、日本でも売っているので参考までに。

ベトナム コーヒーフィルター ステンレス(1杯用)

以上で道具は揃った。

コーヒーフィルターについて

フィルターは4つのパートからなっている。
ベトナムコーヒーの入れ方(パーツ)
蓋、本体、中蓋、受け皿。正式な名称は分からないが、こんな感じ。

ベトナムコーヒーの入れ方(本体)
これが本体。

ベトナムコーヒーの入れ方(受け皿)
そして受け皿。

ベトナムコーヒーの入れ方(中蓋)
中蓋。

ベトナムコーヒーの入れ方(上蓋)
蓋。

コーヒーの作り方

カフェ・ダー(アイスコーヒー)やカフェ・スア・ダー(アイスコーヒー練乳入り)の場合は、濃い目に入れて氷の入ったグラスに移せばOK。今回はホットコーヒーの場合でご紹介。

本日のコーヒーはコチラ。
ベトナムコーヒーの入れ方(今日のコーヒー)
赤いパッケージがコーヒーらしい「SON TUNG」このコーヒーはベトナムコーヒーらしさがよく表現されているNa5riお気に入りの一品。

まず、カップの上に受け皿をのせる。
ベトナムコーヒーの入れ方(受け皿を乗せる)

次に本体をのせる。
ベトナムコーヒーの入れ方(コップに乗せる)

そして、本体の中に適量のコーヒーを入れる。
ベトナムコーヒーの入れ方(約スプーン3杯)
この時のコーヒーを入れる量の目安が小さじで3杯。写真ようなコーヒーカップのサイズになるが、3杯入れている。※コーヒーの種類により異なると思うので、その変は微調整を!

こんな感じでスプーンで入れる。
ベトナムコーヒーの入れ方(スプーンで入れる)

コーヒーを入れるとこんな感じ。
ベトナムコーヒーの入れ方(コーヒー投入)

そして、コーヒーを入れると、中ブタを入れる。
ベトナムコーヒーの入れ方(蓋を入れる)

コーヒーは瓶に入れて冷蔵庫へ。
ベトナムコーヒー瓶で保存

その上からお湯を注ぐ。このとき、いっぺんにお湯を入れない。写真のようにちょっとだけ入れて蒸らす。
ベトナムコーヒーの入れ方(蒸らす)

蒸らしが終わったら、お湯を注ぐ。
ベトナムコーヒーの入れ方(お湯を入れる)

お湯の量は、コーヒーカップの7分目位だと思うが、Na5riは本体の中に入れた中蓋の丸い出っ張り位まで入れている。これくらいがちょうど良い。写真のお湯の量である。
ベトナムコーヒーの入れ方(お湯の量)

お湯を入れたら蓋をして待つ。
ベトナムコーヒーの入れ方(蓋をして待つ)

お湯が全てコーヒーカップに落ちるとフィルターの中は空に。こんな感じになる。
ベトナムコーヒー(入った後)

蓋はひっくり返して置く。
ベトナムコーヒー(蓋)

その上にフィルターをのっける。
ベトナムコーヒー(入れた後)
汚れないように良くできている!

一連の動作はお湯が沸いていたらあっという間にできる。Na5riは毎日こうしてベトナムコーヒーを入れて楽しんでいる。

今日も明日もベトコー頂くぜ!

以上、ベトナムコーヒーの入れ方でした。
素敵なコーヒーライフを!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です