ベトナム入国時の手続きをご紹介!新型コロナウィルスの影響、ワクチン接種の条件は?陰性証明書は?

タンソンニャット空港 旅行の基本情報
旅行の基本情報旅行前の予備知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベトナムの状況

タンソンニャット空港

ベトナムはコロナ拡大時、ロックダウンを実行し、それはそれは日本とは比較にならないくらいの厳しい規制をしていた。
ちょうど、2021年の夏~秋頃を思い出す。
とにかく外に出ることも難しい状況だった。

それが一変し、いまは何ともフリーダムに!
さすがベトナム、社会主義国家だし、切り替えが早い!

海外からベトナムに入国する際の条件も大きく変わってきた。
ということで、今回は実際に日本からベトナムに行った実例をもとに、現状のベトナム入国の条件に付いて紹介したいと思う。

どうなった?ベトナム入国の条件は。
ワクチン接種の条件は必要なの?
その辺の疑問もお答えします。

それではイッテミヨー!

ベトナムに入国する条件とは

結論から書くと、「コロナ前と何も変わらない」。

そう、新型コロナウイルスの世界的感染拡大が始まったのが2020年のはじめ。
Na5riが最後にホーチミンを訪れたのが、2020年2月。
当時(2020年2月)は、ベトナムに入国するのに条件は無かった。
そもそも、ワクチンも開発されていなかったし、新型コロナウイルスがこんな大事になるとも思っていない時期だった。。

で、現在(2022年12月時点)はと言うと、入国に関する条件は特にない。(一般的な観光で)
ベトナムのイミグレはコロナ前と同じ状況戻り、ワクチン接種証明書や陰性証明書、ましてや事前検査なども必要ない。

なんてフリーダム、手返しが早いこと。

2022年11月にホーチミンから一時帰国した現地特派員が、日本からホーチミンに戻った際にLINEでやり取りした会話が以下の通り。

LINEやり取り
LINEのやり取り

タンソンニャット国際空港は混んでいるようである。
海外を行き来するヒトで活気が出てきたってことだネ~。

これは各自、自己責任で確認してほしいんだけど、以前まであったベトナム出国後の再入国1か月ルール(VISAが必要)が、今やそのルールが無いとか。
実際に、現地特派員に会いにベトナムに入国した人が、2泊3日でタイに行って戻って来たとか・・・。ホンマかい!
気になる人はちゃんと調べてネ。

話は戻って、ベトナム入国の条件がそのようになったのであれば、Na5riとしては居ても立っても居られない!
ソッコーでお世話になっていたトラベルコちゃんを検索しまくると・・・、

ひこーき、たけーーー!

LCCでホーチミン往復が軒並み10万円近い・・・。そりゃ無いわ・・・。

これじゃぁ、まだまだ海外旅行は先だな~と思いつつ、常にチェックを怠らないNa5ri、諦め悪いので・・・。
トラベルコちゃんをサーチする毎日。

すると・・・

急に安い!
いつものベトナムプライスになっている!
あのトラベルコちゃんが帰ってきた!

往復3.7万円!(諸費用込み)
(平日ならもっとお安いけど、連休だからやむを得ない・・・)

待ってたよー、この時を!

ってことで、ソッコーポチっとしちゃいました。

コロナ明け(明けてないけど)最初の海外はホーチミンへ!
長かった~、この3年間、本当に長かった。
イミグレで涙出そうだな・・・。いや、出ないか・・・。

因みに日本に帰国する際はワクチンの接種を3回しておくことをオススメします。
もちろん、ワクチン接種を3回していなくても、現地で陰性証明書が取得できればOKだけど、そこで陽性が出ると帰国できなくなる。
現地特派員曰く、陽性反応で帰国できないヒトをたくさん見てきたらしい・・・。
そうなると厄介。

Na5riは鋭い副反応をくらうので、もうワクチン接種は受けないと心に決めていたけど・・・ホーチミンに行くためなら受けます!と言うコトでワクチン接種もこの年末に予定!現金なこった・・・

まとめ

今回は、ベトナムの入国についてご紹介しました。
2022年12月現在、入国に際して条件は無し。
(あ、発熱していたら知らないよ、あからさまに具合が悪そうだと、止められちゃうだろうし)
ワクチン接種の回数も陰性証明書の提示も無し!
フリーで行けるベトナム旅行、そろそろ皆さんも計画してはどうでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で世界中大変なことになったけど、日常生活が本格的に戻ろうとしているネ!

それでは良い旅を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました