マジか!本気で焦ったホーチミン旅行ドンコイ通りタクシーハプニング

Pocket
LINEで送る

ドンコイ通り

ホーチミンの移動手段

ホーチミン旅行のメインの移動手段と言えばタクシー
最近ではグラブなどもあるけど、Na5riはタクシーをメインで利用している。
2020年には地下鉄が開通するらしいけど、この記事を書いている2019年の夏の時点ではやっぱりタクシーが主役

これまで10回以上はホーチミンに行っているNa5riだけど、タクシーで困るようなことは1度も無かった・・・。

そう、1度も・・・。

が、しかし、慣れなのか余裕なのか、心の隙なのか・・・、まさかこんなことがあるなんて・・・、今後の自分への反省とリスク回避を込めて、このタクシーハプニングをご紹介します。

何があった???
それではイッテミヨー!

タクシーが全然捕まらない!

ホーチミンに滞在していざ帰国の時、0時過ぎの帰国便を予約していたNa5ri。
ドンコイ通りのホテルに泊まっていたので、21時半にチェックアウトをすれば、22時には余裕でタンソンニャット国際空港に着くと思っていた。

そして、チェックアウトをしてドンコイ通りに出てみる。
すると・・・タクシーが全然捕まらない!

えーーーー、どういうこと???

雨が降っているわけじゃない。
スコールの時はタクシーは全然捕まらないってことは今までもあった。

しかし、雨なんて1滴も降っていてない。

しばらく通りでタクシーを探すが、たまに目の前を通るタクシーの全てがお客を乗せている。

これはヤバい・・・、焦りはじめる・・。

困り果てて、ホテルに戻ってスタッフに言うと、「今日はタクシーが居ないので、グラブを呼べと・・・

「は???」

それでもホテルのサービスかよ・・・期待したNa5riが悪かった。

ドンコイ通りには深緑色の制服を着たビナサンスタッフがいる。
タクシー利用者の強い味方である!
そいつに付きっきりでお願いしようにも埒があかない・・・。

なんなんだ、あのスタッフ、街に立っているだけ状態になっている

スマホで何かしているようだが、全然ダメなようである・・・。
一応フライトの時間を聞いてくれて、こっちが焦っている事は伝えたつもりだが・・・、本当にタクシーが来ない・・・居ない。

時間だけが過ぎていく・・・、まさかのフライトに乗れないのが頭をよぎる・・・。
しかもこの時予約している航空会社はベトジェット・・・時間に遅れようものなら問答無用でシャットアウトを食らいそう・・・。

ここにいてはヤバい・・・
ウロウロとドンコイ通りの周辺を歩いていると、なんと!1台のビナサンタクシーが居るではないか!

神様、仏様、ビナサン様・・・近寄って話す。

もちろん運転手に英語は通じない・・・。
それでも必死で粘ると、運転手が「エアポート?? ・・・スリーサウザン」。

は?3000って何?

こりゃあかんわ、こいつはあかんわ、3000ドン?そんな訳ないし、300万ドン?それも無い・・・。

こいつはぼったくりか・・・。

困り果てて、ドンコイ通りをうろうろと・・・、さらに時間が過ぎていく。
でもタクシーが居ない・・・。
ドンコイ通りなのに居ない・・・こんな体験初めて・・・。

フライトの2時間前も過ぎて、1時間45分前に迫ってきた
そんな時間にドンコイにいるなんて・・・。
チックタック、チックタック・・・頭の中で秒針が・・・。

まさかの・・・。

これはいよいよヤバいかもと・・・、ホーチミンで暮らす現地特派員に電話をする。
もっと早くヘルプ電話をすればよかったのかもだけど、これは流石に限界と・・・。

そうこうしている矢先、1台のビナサンタクシーが空車状態でNa5riのちょっと手前に停車した

神様、仏様、ビナサン様・・・。

猛ダッシュで近づく。
早くしないと他の客もダッシュしかけてくる。

なんとかしてタクシーの運転手に話そうとする。

すると・・・

さっきのぼったくりタクシーじゃん・・・。

終わった・・・これはマジで終わった・・・。

しかし背に腹は代えられない!

英語は一切通じない・・・。
が、Na5riはベトナム語で0~999までは分かる。

必死でコミュニケーションを取ることに。

Na5ri:「エアポート、インターナショナル!」

運転手:「エアポート?インターナショナル?」

Na5ri:「イエス!」

運転手:「バーチャム?(30万ドン)」さっそくふっかけてきた・・・。

Na5ri:「ハイチャム?(20万ドン)、ハイチャム、エアポート」

運転手の顔が渋い。
さすがに20万じゃ行かないか・・・。
そんな切羽詰まった状態なのに価格交渉をする時点でNa5riもクレイジーかもしれない・・・。
隣で見ていたマイワイフも、「こいつアホかよと・・・。

Na5ri:そして、5万ドン上乗せして「25万(ハイチャムナンムイ?)プリーズ、プリーズ」

運転手:「ハイチャムナンムイ?・・・(間がある)・・・OK」

Na5ri:「ハイチャムナンム エアポート ハイチャムナンムイ」畳み掛ける。

運転手:「OK ハイチャムナンムイ エアポート インターナショナル」

おおおおおー、なんとこいつとまさかの交渉が成立した・・・

Na5riのベトナム語(数字のみ)だけど、まさかこんな所で役に立つとは!
きっと数字が分からなければ、埒があかなかった。

Na5riが「ハリーハリー」とか言ったからか、道中の運転がめちゃめちゃ荒い。
逆に頼もしいくらい荒い。

しかし、本当に空港に行くのかは不安があった。
だって、交渉してくるぼったくりヤロー、どこに連れて行かれるか分からないじゃん・・・。
でもこいつを信じるしかない。
一応ビナサンだし、もう頼るしかないと願いつつ乗っていると、あっという間に空港についた。

今思うと、本当にビナサンだったのだろうか・・・電話番号も車体のカラーリングもビナサンだったが・・・。

まとめ

もうこんな経験はご免だわ。

いつものサイゴンブログは写真をいっぱい掲載して、ホーチミンの魅力を紹介しているけど、今回は写真が無い!
それは本当に切羽詰まった状態だったから写真を撮る暇なんてナッシングだったから・・・。

ふー、この時は疲れたぜい・・・。

対策としてはタクシーだけに頼るのではなくて、グラブなどの配車アプリも使えるようにしとかなきゃと思う
次回以降はそうするようにしよう。
良い教訓になった。

あ、因みに、ドンコイ通りから空港まで、メータータクシーなら15万ドン程度
だから、今回のぼったくりタクシーと言っているけど、実は10万ドンの差、日本円にして500円程度・・・。

困り果てているときに、ホーチミンで長年暮らす現地特派員にも電話をしてグラブの手配をお願いしようとした。
すると、同じ時間のドンコイから空港までの価格は24万ドンだったとのこと・・・。

こんなケースは本当にレアなので、過度な心配は不要だと思う。
現地特派員ですら、そんなこと聞いたことないって言っていたし。
色々な要素が重なったのかもしれない・・・。

いま思うと、ま、良かったんだろうけど・・・。

一時はどうなるかと思ったけど・・・、今回は本当にラッキーだったと思う。
ちゃんと空港まで行ってくれて・・・。
海外旅行のリスクをどう考えるか、良いきっかけになったNa5riでした。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

2件のフィードバック

  1. アバター suna より:

    こんにちはsunaです。
    旅慣れていても、焦る焦るっハプニグはつきもの。
    でも!無事に移動できて良かったですね。
    私も移動時に有りまよ~
    私はどこに行っても、一人旅なので多少のぼったくりは受け入れてます。交渉交渉~(笑)
    なので、渡航先に送迎サービスに予約を入れています。

    • Na5ri Na5ri より:

      こんばんは。
      私なんて旅慣れていないですし、思いっきり観光です(笑)
      この時は本当に焦りました・・・。
      多少のぼったくりは受け入れる、それってある意味大切ですよね~、本当にそう思います。
      私の次回の観光はインドです。
      ここも中々の交渉がめんどくさい所ですが、それも観光の醍醐味として楽しみます(笑)
      sunaさんも素敵な旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です