ホーチミンの激旨いフォーはココだ! ベンタン市場から歩いて2分とアクセス良好のお店!

Pocket
LINEで送る

鶏の味がサイコーの絶品フォー(Pho Ga)

その絶品フォーを出す店は、ベンタン市場から2分という、
超絶便利な場所にある。

その味は、鶏にウルサイNa5riをも、「ウフォウフォ」とゴリラの如くうならせる絶品。
ホーチミンのあらゆるフォーを食べたが、ココのはホントにウマイ!

鶏にウフォウフォ、ウルサイっても、定食屋に行ったら、9割近くカラアゲ定食を頼む程度ですが・・・。

お店は?

店の名は「ティエム アン カットゥーン」(Tiem an Cat Tuong)

<追記>
2019年1月14日
残念ながらホーチミン市内3区に移転しています。
カットゥーン移転
ご注意ください。
新しいお店を訪れたら新たに紹介します。

本記事はそれより前の情報になりますので、移転先のお店に行く際の参考程度に・・・うーん、残念。

お店に行くと、定番のフォーガーを注文。

注文方法は「フォーガァ」といえばOK!

待つ事数分。
数分・・・3分とかじゃないかな。
あ、もうですか、って位で運ばれてくる。

早い、旨い、安いがココにある。

フォーは茹で時間が早いんだろうな。

フォーガーとご対面

ジャーン、キマシタ!
ティエム アン カットゥーンのフォーガー

さらに、旨さ拡大!
ティエム アン カットゥーンのフォーガー

定番のサイゴンビールと共に注文。(サイゴンビア安いんで・・・)

スープを一口入れた瞬間、

「あー、来て良かった、ホーチミン、来て良かったよ」、と思える味わい。

この味、深いよ、ディープだよ。
衝撃な出会いを果たす事ができる。

鶏のダシが本当に良く出ていると感じる。

ここのは玉ねぎが入っているが、それはどうでも良いけど

シツコイようだが、とにかく出汁が最高★★★。

この味で55000ドン
ヤッター!日本円で約280円
ローカルプライスからしたらちょっと割高感あるけど・・・

この店を知ったのは、実は日本のガイドブック。
るるぶとか、マップルにも載っているんじゃないかな・・・

Na5riは、あんまりガイドブックの情報スキジャナイアルネ。
たまにハズレルアル。
ダカラ、お店は現地の雰囲気でキメルアルネ。

じゃぁ、何でこの店を見つけたかと言うと、ホーチミンで暮らす現地駐在の特派員が行って食べた!

現地に住み始めの現地特派員は行動力が違う!
暇もあったのだろう。

この情報を元に、現地調査に行ったところ、旨すぎたとのこと!

お墨付きのお店を教えてもらったので、Na5riも行った次第。

現地ローカルベトナムィも、「あそこ旨いわ」と言ったとか、そして、あそこは「お粥もウマインダワ」とは特派員談

初めてホーチミンに行って以来、時間が無くても絶対に立ち寄っている名店となっている。
数年前に改装して、お店が綺麗になり、さらに入りやすくなった。

改装前の方がローカルっぽい感じで小汚かったけど、今は素敵なお店に様変わり。

メニューもご紹介!

定番のフォーのメニュー。
ティエム アン カットゥーンのメニュー

そして、ミエン(春雨)のメニュー。
ティエム アン カットゥーンのメニュー
ミエンガーも美味しかったな~。
外せない一品。

フォーガーと並び、絶品なのがブンチャー。
ブンのメニューも参考に。

ティエム アン カットゥーンのメニュー
マジオススメ!
ブンチャーのつけ汁と具

まとめ

しかも夜も遅くまでやっているので、夜食にもちょうど良い。
そもそもフォーはライトだから夜にも良いね!

そして、日本からの直行便の場合、深夜着もあるので、その場合でも立ち寄れるありがたい存在。
着いてすぐに、本場を味わえる幸せがココにある!

<追記>
2019年1月14日
残念ながら2018年12月より営業時間が夜の22時までとなっています。
本記事はそれより前の情報になりますので、深夜着では食べることができません・・・うーん、残念。

そして、ホーチミン市内3区に移転しています。
カットゥーン移転
ご注意ください。
新しいお店を訪れたら新たに紹介します。

個人的にはココのフォーガーはトップレベルの味わいだと思う。

あれ、日本に持ってきたら流行ると思うんだけど。

ベンタン市場に行ったら立ち寄るべし!
もちろん、朝食、ランチ、夜食にも!

ラブ ホーチミン!

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です