鞄が安い!サイゴンスクエアでノースフェイスのリュックを格安購入

Pocket
LINEで送る

ノースフェイスのリュックサック

ホーチミンで格安カバンを買うならサイゴンスクエア

サイゴンスクエア
ホーチミンにはコピーモノからニセモノ、バッタモンまであらゆるスーパーブランドの物が至る所で目にする。
財布、キーケース、カード入れ等、ひと目で分かるクオリティ。

そんなニセモノの話ではなく、ニセモノか本物か分からないけど、リュックやショルダーバックを買うならオススメの場所がサイゴンスクエアである。
いや、ニセモノか本物か分かっているだろ・・・。

以前にもサイゴンスクエアはブログで紹介したので、お店の概要はそちらをどうぞ。

タカシマヤの目の前にあるサイゴンスクエア。
市内には何店舗かあるけど、ここが一番行き易い場所だと思う。

お店に行くと、1階のスーパーブランドを扱うショップがあるが、スーパーブランドには用はないので、それらはスルーして、2階へ。
サイゴンスクエア洋服屋
2階のお店は、1階と比べて、更にローカル度が高くなる。
そして、店員のやる気も心なしか無いように思う。
と言うよりも、観光客相手にお互い言葉通じない感じだし・・・。

日本語はもちろん、英語も通じない事も

じゃぁ、言葉が通じないと買物が出来ないのかと言うと、全くノープロブレン
欲しいモノがあれば、遠慮なく「見せて」と指を差せばOK

店員も買わなくても全く嫌な顔をしない。

そう、ホーチミンで感じたのだが、商品を散々見たあげく、やっぱいいわと言っても、あまり嫌な顔をされない気がする。
これは日本と比べてだけど。
日本だと、あれこれ見た挙句、「買わんのかい!」ってなりそうだけど、それをあまり感じる事がない。
Na5riが気にしていないだけかもしれないけど・・・。

今回は、サイゴンスクエアでノースフェイスのリュックを格安でゲットしたネタをご紹介します。

お得、損してる?それではイッテミヨー!

レッツゴー、サイゴンスクエア!

サイゴンスクエアのかばん屋
さて、2階にはあらゆる鞄を取り扱うお店がある。

所狭しと陳列されているので、欲しい鞄をゆっくり見よう。

陳列に欲しい鞄の色が無い場合は、店員に聞いてみよう。
奥から、下からと、プロフェッショナルの店員はどこに何があるのかコンピューターの頭脳の如く把握しているので、どんどん出してくれる。
頼んでもいないモノまで出してくれる。
その辺はコンピューターより優れている!

これまでいくつか鞄を買ったが、このノースフェイスのリュックは今でも重宝している。
ノースフェイスのリュックサック

作りは十分のクオリティ、ワルクナイ!
ノースフェイスのリュックサック

ノースフェイスのリュックサック

実際に買った時のエピソード!

店員との買う時のやり取りが次の通りである。
気になるのはニセモノか本物かってことだけど・・・。

Na5ri:「コレ本物?」、「ニセモノ?」
ダイレクトに聞くのも失礼な話である・・・。

店員:「ホンモノヨ」

Na5ri:「そう・・・」まぁ、自分からニセモノとは言わんわな・・・。

店員の攻勢が始まる!

店員:「見テ、コノタグ」、「コレガ、ツイテイルノハ、ホンモノヨ」
あ、因みに店員は日本語ではアリマセン・・・。
Na5riと店員のカタコトの英語のコミュニケーションね。

で、そのタグと言うのがコレ。
ノースフェイスのリュックサックのタグ

店員:「コノ、キラキラハ、ホンモノダケヨ!」、「ニセモノニハ、ツイテナイヨ」

お~、もっともらしい、新しい技を編み出したものだ!

Na5ri:「ホントだ、本物っぽい!」
失礼な話である。

Na5ri:「じゃあ、これください。」
お買い上げ!チーン。

価格は当然交渉制。
自分が気にいれば買えば良し!
このノースフェイスのリュック、全然価格を覚えていないけど、当然格安!
日本では考えられないようなプライスである。

その後・・・

後日、ホーチミンで暮らす現地特派員に話したところ、同じくサイゴンスクエア(別店舗)でノースフェイスのリュックを買った事があるらしい。
そこで、あのキラキラタグがあるか見せて貰った。

すると、キラキラタグが無いではないか!

すかさず、
Na5ri:「コレニセモノだね!」とオレは言い放ってやったさ!

そして、追い討ちをかけるように言ってやった!

Na5ri:「このキラキラタグがないのはニセモノらしい、サイゴンスクエアのおばちゃんが教えてくれた!」

勝ち誇るNa5riに、

現地特派員:「ま、どっちもそんなに変わらんだろ・・・」

全てを知っているかのような、痛恨の一言で返された・・・。

まとめ

話が脱線したが、サイゴンスクエアの2階にはお手頃価格で買えるカバンがあるのでオススメです。

リュック、手提げ、ハンドバック、小物入れなど種類は豊富にある。
どこのお店もたいして値段は変わらないと思うので、店員とお話してみて、感じが良さそうだったら良いんじゃないかな。

十分使用に耐えうる品質のモノも多くあるので、自分用はもちろんお土産にも最適。
(お土産を渡す相手は選ぶべし)
因みに、この時買ったリュックは、そのまま帰国時に荷物を入れて帰りました。
お土産を買いすぎて、カバンが必要になったら、サイゴンスクエアへ!
現地調達も◎。

格安バッグをゲットしよう。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です