必見!ホーチミン屈指のインスタ映え、ピンクのタンディン教会が人気!

Pocket
LINEで送る

タンディン教会クリスマスデコレーション

ホーチミン屈指のインスタ映えスポットと言えば

ホーチミンでインスタグラマーに人気のスポットと言えば、どこを思い浮かべるでしょうか。

やっぱり一番人気はここだと思います。

ピンク一色の装いのタンディン教会!

あまり、ガイドブックには紹介されていないけど、ご存知でしょうか?

今やドピンクの教会は女子に大人気!
教会には写真撮影で訪れる人がいっぱい。

そんなことも知らずのNa5ri、何かピンクの建物があるなと思っていたら、そんなスポットだったとは・・・。
教会の中には入ったことはないけど、外観をバッチシ写真におさめてきたので、今回の記事で紹介したいと思います。

しかも今回紹介するタンディン教会はなんと、クリスマスバージョン
デコレーションが加わり、さらに可愛さも倍増!

見たくなったでしょ!

それではイッテミヨー!

クリスマスバージョンのタンディン教会

タンディン教会クリスマスデコレーション

なぜかクリスマスにホーチミンを旅行したNa5ri。
連休だったしね・・・。

よくファミリーの了承を得られたと自他共に思う・・・。

そして、今回紹介するタンディン教会を訪れたのはクリスマスイブと言う、何ともキリスト教にゆかりのある日なのである。

教会を訪れたと言うか、目的はタンディン市場だったんだけど、目の前にド派手な教会があれば、写真も撮りたくなって。
教会が目的じゃなかった・・・なんて、この記事では言いにくいのだけど・・・。
さて、クリスマスシーズンだから、タダでさえ派手な教会が更にパワーアップ
じゃじゃーん。
タンディン教会クリスマスデコレーション
星がついているね。
普段はデコレーションは無いのでこの時はスペシャル!

可愛さマキシマム!
これ以上のタンディンはないでしょ!たぶん
タンディン教会クリスマスデコレーション

素敵だね!
タンディン教会クリスマスデコレーション

ここで写真を撮ってインスタにアップすれば、アナタなら「いいね」の倍増間違い無し
ホントカ・・・。

さすが、人気スポットなだけのことはある。

そんな事なら、もっと写真取れば良かったな・・・チェッ。
あ、Na5riのインスタグラムでもタンディン教会のピクチャーがあるので、覗いてみてください。

>>Na5riのインスタグラム

因みにタンディン教会をUPしたからと言って、Na5riの場合は、「いいね」がバンバン増えたわけではありません・・・。
お気軽にフォローを!

と、宣伝はその辺で、この教会の事を少し触れておくと、フランスの統治時代に作られており、ホーチミンでも屈指の大きさを誇る教会である。
建物にフランスの影響があるのは時代背景のため。
ホーチミン市内ではサイゴン中央郵便局の目の前にあるサイゴン大教会についで大きいとか。
だから、結構迫力ある!

色々な角度から写真を撮ってみよう!

最後に場所とアクセス方法を

場所はサイゴン中央郵便局のタクシーなら10分位、歩いても20分位の場所。
Na5riは十分歩ける距離だと思うけど、暑いし、疲れるのが嫌な人は、タクシーがオススメ!
ハイバーチュン通りを真っ直ぐ空港方面に向かえば見えてくる。

場所はココ。

タンディン教会の周りはドンコイ通りやベンタン市場の周辺と異なり、一気にローカルな感じがしてくるので、一味違う観光をしたい人にオススメです。

まとめ

インスタ映えするスポット巡りでタンディン教会周辺を散策してはどうでしょうか。
色々な角度から写真を撮れば、もう、あなたのインスタには「いいね」のブーミングが!

ガイドブックではあまり紹介がされていないけど、隠れた観光スポットとしてホットな場所。
これからホーチミン旅行を計画のアナタ、ここはハズセマセンヨ!

そして、タンディン教会に行ったら、是非ともオススメしたいのが、タンディン市場。
タンディン教会のすぐそばのタンディン市場
教会から歩いてすぐの場所にある。
ベンタン市場とは全く雰囲気の異なるゴチャゴチャ感満載でカオスな場所で、一味違う観光プランを味わいたい人にオススメします!

個人的には、タンディン教会よりタンディン市場の方がインスタ映えすると思うんだけど、どうも一般的には受け入れてもらえない・・・・・・なぜ???
なぜって言っている時点でダメだろ・・・。

あ、因みにタンディン教会の中に入れるかどうかは、Na5riは分からない・・・スミマセン、入ったことないし・・・。
多分、入れるような事を他のWEBサイトで見たけど、誰か入ったことがある人、教えてください。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です