フォーを食べるときの唐辛子とライム、唐辛子の辛さは一級品

旅行の基本情報
旅行の基本情報飲食店のお役立情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォーの付け合せの唐辛子には注意!

今回は、フォーの味ではなく、フォーを食べるときの唐辛子について。

フォーを注文すると、
唐辛子とライムが乗った皿を持ってきてくれる。

厳密には、持ってくる場合もあれば、備え付けの事もある。
いつから置いてるって感じで、だいたい置いてある。

↓の写真は牛肉のフォー(フォーボー)。
熱々のフォーにギュッとライムを絞ってアクセント!
思い出しただけでよだれが・・・。

ライムとは別に唐辛子も。

この唐辛子がフォーのスープの味を一変させるハイパワーを持っている。

ワタクシ、カライモノスキネ!

という自分でも、この唐辛子には一目どころか、リスペクトしている。
びびっている。
とにかく辛い、2かけ入れれば十分のような感じ。
いや、1かけでも十分か。
初心者Na5riは不要かも・・・。

だって、味が変わるもん。

適度に入れれば旨い。
沖縄そばのコーレーグースのイメージ。
適度がよろしくて。

ちなみに唐辛子とライムはもちろん無料
オシボリのようにお金を取られる事はアリマセン。
入れ放題、食べ放題、日本のラーメン屋のネギ入れ放題なら、てんこ盛にするが、
さすがに唐辛子とライムは盛れない。

そんな唐辛子をそのままパクパク食べるツワモノが存在した!

一緒にフォーレイのフォーを食べに行ったベトナム人が目の前で、漬物を食べるがごとく、味わっていた。

カラクナイノ?と聞くと、
辛いと食べるわけ無いじゃんみたいな。
オオセノトオリデ…。

箸で唐辛子のお皿からヒョイパク、ヒョイパクと次々に食べる姿に、まだまだ、修行不足を感じた。

ベトナムのヒトって、辛いものに強いのか・・・。
結構、食べる人が居るらしいのに驚く。

本当に辛いから・・・。

フォーの付け合せにはハーブとモヤシも出てきます。
これも入れ放題。
それはまた今度の記事で。

それでは良い旅を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました