日本の4倍以上4500万台のバイク! ホーチミンのバイク事情、 事故は無いの?

Pocket
LINEで送る

ホーチミンの街並み 行きかうバイク

ホーチミンの交通事情

ホーチミンに行ってまず驚くのが暑い事以外に、バイクの交通量がモノスゴイコト・・・。
半端ない数のバイクがクラクションを鳴らしながら走っている。
スズキでもヤマハでも、ホンダでも、全てが通称「ホンダ」と言われるスクーターに乗る軍団は、特に朝と夕方はものすごい出動数である。

バイク=ホンダなのである。

この1枚の写真なのに、数えたら50台以上はバイクが写っていた・・・。
ホーチミンのバイク
さすがの一言・・・。

街中は極端に信号が少ないため、最初は道路を横切るのも大変な思いをする事になるが、慣れると何とかなるもんである。
道路を渡る方法も参考に!

そんなホーチミンのバイクの光景を見て、ベトナムにどれ位の数のバイカーが生息しているのか気になったので調べてみた。
すると、驚くべき数だった・・・

なぜ、あんなにバイクが多いの?

街のバイク

バイクがどれ位多いかと言うと、ベトナム人世帯の約85%が保有している。

スゴッ!

日本のカラーテレビだねこりゃ。

もう、1家に1台と言えるレベル・・・バイクを持っていない家がナイネ・・・。

そして、台数もすごい、数にして約4500万台!
さすが、道路ゴチャゴチャ、クラクションなりまくりのホーチミン!

4500万台のバイクが走っていれば、そりゃ街中にもバイクが溢れるはず・・・。
バイクと言うよりスクーターだけど・・・。

日本と比較してもその多さが分かる。
日本の場合、50cc~大型車まで含めて約1100万台。

それでも、日本の4倍程度か?と思ってしまう。

それには理由があって、日本とベトナムではバイクの出動率が全然違う。

日本ではバイクの利用用途は普段の通勤通学もあれば、趣味の範囲まで広がるため、毎日バイクに乗るって人がどれだけいるだろう。
しかも通勤で毎朝バイクって人もそこまで多くない。

しかし、ベトナムの場合は、移動自体がバイクのため、日本の4倍の数も相まって街中バイクだらけになるのではないかと思う。

統計があっていればの話ダケド・・・

日本と違って駐輪場が整備されているのがイイね!
駐輪場

あれだけバイクが多いと事故は?

実際、Na5riはホーチミン滞在中に事故を見たことがない。
と、言う事で、現地に住む特派員に聞いてみた。

Na5ri:「このバイクの量、交通事故とかあるの?見たことないけど・・・」

現地特派員:「ある、よくある」

Na5ri:「あるんだ、あれだけ密集していると危ないね」

現地特派員:「でも、日本と違って、警察がきたり、騒ぎになることが少ない。」

Na5ri:「えっ??」

現地特派員:「ちょっとコケタ、ブツカッタ程度なら、そのまま走り去るからな~。」

現地特派員:「車も少々へこんでも良いみたいで・・・」

さすが、心広すぎだぜ、ホーチミンのミナサン!

細かい事を気にしていると生きていけない。

どんなに狭い道でも、バイクが通れる隙間があれば通る、これがホーチミン流!
市場を走るバイク

ホーチミンに行くと毎回感じる事がある。
それは、日本ってやっぱセコセコしているなぁと。

例えば、ホーチミンでは2秒に1回はクラクションの音が聞こえるが、日本では殆ど聞かない。
そして、日本でクラクションが鳴るとちょっとムッとする・・・。
クラクションの使う意味が違うのもあるけど・・・。

そんな小さな事、気にしたらアカンね!
ホーチミンのヒトのように心を広く持とうと思うNa5riであった。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です