激安!LCCエアアジアでホーチミン→マレーシア航空券を購入した

Pocket
LINEで送る

旅

ホーチミンからクアラルンプールへ

2017年のゴールデンウィークまでもう2ヶ月を切った。
旅の予定を考えている人も多いことだと思う。

今年は東南アジア弾丸ツアーを予定しているNa5ri、
ホーチミン発、マレーシアのクアラルンプール着の飛行機を予約してみた。

今回選択したのが、LCCのエアアジア。

結論から言うと、それが、驚きの安さだった!

ホーチミンから1泊でクアラルンプールにでも行ってみようという人にはオススメだと思う。

LCCエアアジアを予約!

ホーチミンからクアラルンプールまでは約2時間の飛行。
近い、早い、安いトラベルプラン。

そのエアチケット代、
なんと、
ホーチミン→クアラルンプールが30ドル!

そして、内訳がすごい。

1x Guest
4.50 USD

Airport Tax and Fees
24.00 USD

Passenger and baggage security screening
1.50 USD

Subtotal
30.00 USD


空港税はLCC関係なく支払いが発生するもので、支払いはしょうがないが、

運賃は4.5ドル・・・!

逆に大丈夫かと心配したくなる。

電車賃じゃナインダヨ。

Na5riはクアラルンプールの後は、ホーチミンに戻らず、他の国へと行くため、クアラルンプール→ホーチミンのエアチケットは買っていないが、現地特派員が買った。

同じ飛行機の往復を買った。

それによると、
ホーチミン~クアラルンプールの往復で60USD。

Na5riが購入した片道が30ドルなので、往復の想定額と同じではないか。

LCCでは、ワクワクセールや期間限定バーゲンセールなどと言っては、平日の多くのヒトは行けないだろう、日程の格安価格を目玉に、週末は座席数が超少ないバーゲンをやっていて、毎回アクセスするものの、予約が取れるはずもないセールが多いが、今回のは違うようである。

超バーゲン特価でなくてもこの価格。

実際には支払い手数料がかかるので、6ドル上乗せにはなるが。

飛行時間が約2時間程度なら、日本の国内線のような感覚で、東南アジアを旅できるのは魅力だと思う。

ホーチミンなら、バンコク、クアラルンプール、シェムリアップなど、魅力的な都市が周辺にいっぱいある。

シェムリアップは人気なので、ホーチミン~シェムリアップ路線は、さすがにここまで安くないと思うケド・・・。

実際、現地特派員は、マレーシアやシンガポールにも国内旅行感覚で行っている。

ホーチミンからのLCC、新しい旅のスタイルを発見した気分である。

ホーチミンからちょっと一足、いかが!?

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です