ホーチミンでびっくり!屋台で食事中に大音量で突然歌いだす若者

Pocket
LINEで送る

荷を満載で運ぶバイク

ホーチミン大した事では驚かない!

写真のバイク、「これ大丈夫って言うほどの荷物」程度ホーチミンでは日常の出来事
少々のコトでは驚かない、多少は慣れてきたNa5riであるが、タマゲル出来事に遭遇すると、まだまだ修行が足りぬと思うことがある

その1つが今回の記事の出来事。

世界は本当に広いなぁ。
島国日本に居ると、日本の常識は世界では非常識かと多々思う。

びっくり出来事!

で、今回Na5riが驚いたベトナムとは、今でも鮮明に覚えている・・・。

それは、路上の屋台の炭火焼屋でディナーを楽しんでいた時のこと。
路上と言っても、良い雰囲気の人気店。

一気に読み進めていただきたい。

海鮮焼き海老
お店は、ローカルの人達が集まり早い夕方の時間から満席。
煙ムンムンで香ばしいニオイを辺りにふりまきながら、肉や魚介を焼いて楽しんでいた。
ビールが進む君状態。

そんなピースフルな光景にヤツラガヤッテキタ

ヤツラトハ・・・、
バイク横付けでヤッテキタ若者2人組み。

年の甲は20代前半か。
バイクじゃない、正確にはスクーター、通称ホンダの2ケツ。

その2人組、到着するや否や、マイクを出し、ラジカセみたいなカラオケセットをセッティングしている。

ナニシテンダロ・・・と思いつつもビールを進む君をしていたNa5ri。

そして、何の前触れもなく、音量歌いだす。

「・・・」

音量はMAX!!!
胸に響くぜー!

しかも、超キモチ良さそうに歌い始める

ジャイアンもびっくりの突然のリサイタル。

のび太役のNa5riはただただ唖然・・・。

驚くのが、周りのベトナムの方たち、これが日常らしく、いつものコトといった感じでディナーを楽しむ。
相手にしない、サスガダゼ。

これで終わらないのがホーチミン。

ナメルナヨ、ホーチミンを!!!

さらに驚くのが、このジャイアン2人組、歌いながら、テーブルを回る、回る、それは披露宴の新郎新婦のように各テーブルを回る
回ったテーブルの先では「ハイマネー、ハイマネー」と言っている。

「オレ達 ノ 歌、タダジャナイヨ!?」
とも、言わんとばかりに・・・。

ディナーを楽しむベトナム人、「ハイ、アッチイッテ、NO」と言う感じで、余裕の対応。

もの凄い、押し売りである。
見習うべき営業力である!

そんなインパクトだったので、炭火焼ディナーがどんな味だったかあまり記憶が無い。
旨かったが。

今回の記事に写真は無い・・・。あるのはカラオケの二人組の印象だけ。

一通りテーブル席を回り終え、歌が終わると、カラオケセットをしまって、ホンダの二ケツで次の営業先に去って行った。

すごい商売があるもんだと。

まとめ

日本の常識は世界の常識とは限らない。
このことを改めて感じさせてもらう貴重な出来事だった・・・。

これだからホーチミンは止められない。
面白スギルゼこの国は!

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です