ホーチミン・タンソンニャット国内線空港の搭乗手続きの方法

Pocket
LINEで送る

ホーチミンタンソンニャット国内線ターミナル

タンソンニャット空港

ホーチミンの空の玄関口、タンソンニャット国際空港。
日本からホーチミンに到着した場合は、国際線ターミナルに到着するし、帰国する場合は、国際線ターミナルからの出発になる。

で、ホーチミンからベトナム国内の他の都市に行く場合は国内線ターミナルを利用する事になる。
この空港は国内線ターミナル(ドメスティック)と国際線ターミナル(インターナショナル)に分かれている。

と言うことで今回はタンソンニャット国内線ターミナルの利用方法についてご紹介します。
ホーチミンからベトナム国内の他の都市へ旅行に行く際の参考に。

それではイッテミヨー!

国内線ターミナルの利用方法

ホーチミンからダナンやハノイ等のベトナム国内へ行く場合、国内線ターミナルを利用する事になる。

ホーチミン タンソンニャット国内線空港

街中からタクシーで国内線ターミナルへ行く場合は、ちゃんと国内線ターミナルと伝えよう。
じゃないと外国人(日本人)の場合、国際線ターミナルへ連れて行かれると思う

因みに、国際線ターミナルと国内線ターミナルは歩いて行けるので、間違ったとしても問題なし!

では国内線空港の利用法だけど、国内線ターミナルは大きく分けてベトナム航空側のLCCのベトジェット側に分かれている
あと、ジェットスターとかあるけど。

ホーチミンタンソンニャット国内線ターミナル

空港に着いたら、自分の利用する航空会社でチェックインをしてチケットを受け取ろう。
ホーチミン タンソンニャット国内線空港 ジェットスターカウンター

因みにNa5riが国内線を利用したのはベトナム航空。
ホーチミン タンソンニャット国内線空港 ベトナム航空カウンター

そして、搭乗の出発ゲートは2階にあがる。

2階で保安検査を受けることになるが、その前にチケットと身分証の確認がある。
日本人の場合、パスポートを提示すればOK。
※パスポート以外の身分証は何がOKか知らないので、とりあえずパスポートを。

パスポートが無いと飛行機に乗れないらしい。

ベトナム国内旅行だからパスポートはいらないやって、手元に無かったら飛行機に乗ることが出来ない。

ホーチミンで暮らす現地特派員に聞いたところ、「パスポートが無かったら絶対に乗れない!」との事だった。
ダメらしい・・・。
パスポートは忘れないように。

因みに、ベトナム人はカードのような身分証を一人づつ提示している。

この辺は日本の国内線のルールと少し異なるのでご注意を。
写真撮影禁止なので、写真つきで紹介できないのが残念だけど・・・。

さて、チケットと身分証のチェックが終わったら、保安検査。
荷物をX線に通せば終了。
出発ゲートを目指そう。
ホーチミンタンソンニャット国内線ターミナル

まとめ

今回はホーチミン・タンソンニャット国内線(ドメスティック)空港の利用方法についてご紹介しました。

国内線を利用するポイントは、ベトナム航空とベトジェットで利用するゲートが異なる事。
でも見ればすぐ分かるのでも問題なし。

そして、身分証(パスポート)を忘れないこと。

空港到着の時間は1時間半前を目安にしよう。
これは現地特派員がいつもそうしていると言っていたので参考までに。

ニャチャンやフーコック、ダナン等、ホーチミンから1時間圏内の素敵なリゾートもあるので、ちょっと足を延ばしてみる際の参考にしてネ。

最後にタンソンニャット国内線空港のラウンジがすごく良いです。
プライオリティパスも利用OK!
パスを持っているなら絶対に使わなきゃ損!

ラウンジについて詳しくは「プライオリティパスOK!ホーチミン国内線空港ラウンジが素晴らしすぎ」の記事をご覧ください。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です