ホーチミンでお土産にベトナム缶コーヒーをたくさん買ってみた

Pocket
LINEで送る

お土産で買った缶コーヒー

ベトナムコーヒーについて

コーヒー世界第2位の生産量を誇るベトナム、であるならば、缶コーヒーはどんなもんかと買ってみた。

少し前の記事で、コーヒーを16種類買って帰った記事をUPしたが、今回はコーヒーでも缶のモノにスポットをあてた。
お土産で買ったベトナムコーヒー
>>16種のお土産コーヒー編はこちらの記事。

ベトナムコーヒーを年間300日以上は飲み続けるNa5ri、いや、350日か、飲まない日が記憶に無いくらい、ベトナムコーヒーを愛するモノとしては、ベトナムの缶コーヒーを飲まずして、コーヒーの記事は書けまいとばかりに、缶コーヒーを買いあさった。

大して知識はないが、うんちくも語れないが、ベトナムコーヒーが好きという気持ちは大いにある!毎日飲む日本人も多くはないと思う、ベトナムコーヒーってマイナーだし・・・。

缶コーヒーを買いに行くと・・・

世界NO.2の生産量で、コーヒーのお土産もわんさかあるものだから、缶コーヒーもバラエティ豊かで様々な種類があるのだろうと、スーパー、コンビニを巡った

が、大して無い・・・ホントに少ないナイないNAI

なんで? 世界第2位ほどの実力者が・・・、

現地特派員のコメントが的をえていた。

「は!?、缶コーヒー? 売れないんじゃないか・・・」
「だって、カフェで飲めば、安いし旨いし。」
「わざわざ、、買わんやろ・・・」っと、あっさり。

ゴモットモ、冷酷な分析。

「・・・」、「あ、ああ、そう、そうね、」

確かに街中にクモの巣の如く張り巡らされている、ひまひまコーヒーショップが存在する。カフェで飲めば安く済む。
HIGHLANDS COFFEE
みんな飲んでる。
>>「ホーチミンのカフェの日常」の記事はこちら。

メーカーも製造しない、そりゃそうだ。が、それではベトナムコーヒー(缶)の味はワカラナイ。コンビニ、スーパーを数店舗巡って見つけたのが、コレ。

買った缶コーヒー

お土産で買った缶コーヒー
5種類かい・・・サーセン、これでも探したのですが・・・。
しかも、5本中、味の素が2本、ネスカフェ1本、ロッテ1本と、8割が日本でもお馴染みのブランド・・・。ベトナムらしいのはハイランズのみ。我ながら、「チャントサガセヨ」と言いたい、声を大にしてイイタイ!!!
サーセン、ペコリ。

でも、本当に日本のコンビニのようにコーヒーが3段陳列とかはありえない状況。しかもハイランズの缶、何となく味の想像がつくし・・・折角なので、これらを飲み比べて、缶コーヒーの初代味王様を決めたいと思う。

それにしても、エントリーガ、スクナ・・・。

そして、我こそはというチャレンジャーを、次回ホーチミンに行ったときにちゃんとスカウトしたいと思う。缶って、結構邪魔なのよね・・・、もって帰るのに、重いし、機内持ち込めないし、裂けるとイヤだし・・・裂けそうなクオリティだし。

今、まさに各缶選手が200%のパフォーマンスを発揮する時がくる。来ないだろ・・・。期待を裏切る旨いコーヒーがあればと良いと思うが、このメンツじゃ期待通りだろうな・・・。

試飲して、書く価値があれば、今後、このブログでベトナムコーヒー(缶)の味を書きたいと思う。
つづく・・・はず

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です