ベトナムコーヒーの超定番人気土産のチュングエンG7 3in1の味とは

Pocket
LINEで送る

チュングエン G7 3in1 パッケージ

ホーチミン土産の超定番ベトナムコーヒー

ホーチミンに行ったら是非とも試したいのが本場のベトナムコーヒー。
ベトナムはコーヒー生産量が世界第2位のコーヒー生産大国
だから、街のあちこちにはカフェがあり、スーパーに行けばこれでもかと言うほどのコーヒーが売られている。

(参考記事)
ホーチミンのカフェ事情。美味しいベトナムコーヒーを求めて街歩き!

そんなベトナムコーヒーを帰国してからも日本の自宅でも楽しみたい!
お土産にも持って帰りたいってヒト、かなり多いと思う。

そうなれば、どれを買えばいいのかって迷っちゃうってアナタ、ガイドブックを見て目星をつけると思う。
そのお土産の中でもベトナムコーヒー界のキング的存在と言えば、TRUNG NGUYEN(チュングエン)
ベトナムコーヒーの超メジャーメーカーである。

今回紹介するコーヒーはガイドブックでも必ず掲載されているだろう超定番、最も日本でも知名度があるG7シリーズの3in1をご紹介。
サイゴンブログでは色々なコーヒーを紹介してきたけど、G7 3in1を紹介してなかったとは・・・うーん、忘れてた・・・。

(参考記事)
20種以上のベトナムコーヒーを味比べ!おすすめのお土産NO1を探せ

ってことでベトナムコーヒー土産の代表格をついに紹介!

それではイッテミヨー!

チュングエン(TRUNG NGUYEN)G7 3in1

赤いパッケージが目を引くチュングエン G7 3in1。

チュングエン G7 3in1 パッケージ

G7シリーズの中でも3in1は最も定番の商品ではないだろうか。

チュングエン G7 3in1

3in1とはコーヒー、砂糖、ミルクがひとつになったという商品で、要はあま~いミルクコーヒーである。
氷を入れればカフェスアダーに、氷なしだとカフェスアになる。

日本でも買うことができるので、気になるヒトはチェックを!


Trung Nguyen Cafe sua G7 3in1 16g x 21P 1 hop チュングエン ベトナムミルクコーヒー G7 3in1 16g x 21袋 1箱 【アジアン、ベトナム食材、ベトナム食品、ベトナム料理、ベトナムコーヒー、チュングェン】

早速飲んでみよう

作り方は簡単。
パッケージのサイドに記載されている通りで、カップにインスタントコーヒーを入れて、75mlのお湯を注いで良く混ぜれば完成
混ぜが足りないと粉が溶け切れないのでご注意を!

チュングエン G7 3in1

カップに75mlだとこれだけ?って思っちゃうけど、それがベトナムコーヒーって言うもの。
もちろん、味が濃いと感じればお湯を足せばOK!

氷を入れてアイスコーヒー(カフェスアダー)にしたいヒトはコーヒーの袋を2袋入れよう。
とにかくベトナムコーヒーは濃いのである!

飲んだ感想

今回はカフェスア(氷なし)で飲んでみた。

Na5riが飲んだインスタントの3in1タイプのコーヒーの中では甘みが抑え気味。
苦味の方が強い感じのコーヒーである。

もちろん、甘みが抑え気味とはいいつつも甘みはしっかりあるが、ハイランズコーヒーネスカフェのインスタントコーヒーの方が甘い感じがする。

Na5riはとにかく甘いモノ好きだから、もっとまったりと甘いコーヒーの方が好みなので、個人的にはもう少し甘みが欲しいと感じたけど、苦味が好きなヒトにはぴったりかも。

とは言え、濃くて苦味がしっかりした美味しいコーヒーであることに間違いない。
さすが超定番、人気の商品だけのことはある。

あとは個人の好みだと思うので、色々なベトナムコーヒーを買って飲み比べてみるのも面白いよ!
味の違いに気づくはず!

まとめ

今回はベトナムコーヒー土産の超定番、チュングエンのインスタントコーヒー「G7 3in1」をご紹介しました。

苦味が強めで甘みを抑えたカフェスアやカフェスアダーが飲みたいヒトにはピッタリ!
やっぱりベトナムコーヒーは濃いめで飲むのが美味しいネ。
是非75mlの激濃いでお試しください。

ベトナムコーヒー選びに迷ったら、「20種以上のベトナムコーヒーを味比べ!おすすめのお土産NO1を探せ」の記事を参考に!

G7が日本で買ってみたいヒトは以下をチェックしてみてネ!


Trung Nguyen Cafe sua G7 3in1 16g x 21P 1 hop チュングエン ベトナムミルクコーヒー G7 3in1 16g x 21袋 1箱 【アジアン、ベトナム食材、ベトナム食品、ベトナム料理、ベトナムコーヒー、チュングェン】

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です