「フォーボーコー」ホーチミンで3本指に入るほど旨かった変化球のフォー 

Pocket
LINEで送る

こんなタイトルつけても良いのかな・・・
と思いつつ、まずはホーチミンで、
「あ~これホンマ旨かったわ~」と思えたモノを記事に。

それは、路上のフォーボーコー。

これがメチャクチャ旨いのなんの。

そのお店に行ったのは、現地特派員の情報から旨いと聞いたため。

路上の店なんで、
もちろん英語も日本語も伝わらない。
そして、こちらはベトナム語は1~10位の数字もままならない。


バインミーも作っているみたい。

ホーチミンに行ったら、たいていローカルのお店にお邪魔する。

旨いと聞いていたのは、フォーボー(牛肉のフォー)。
ボーはベトナム語で牛らしい。

自分的にはフォーボーを注文したつもりが、想像しているものと全く違うものが出てきた。

フォーボーコーが出てきて苦笑い・・・。
フォーボーコーとは、ビーフシチューにカスタマイズされたフォー。

個人的に邪道的なイメージがあるこの食べ物は、定番ではない感は否めない・・・。

しかも、そんな食べ物があるとは、この料理が出てくるまで知らなかったし。

注文違うじゃんってベトナム語でも英語でも言えるわけがなく、まいっか的に食べると、

この邪道食べ物から衝撃の一撃が脳天に直撃!!!

「うめー」、「ありがとう、オカアサン」
「間違ってくれてアリガトウ」


野菜もたっぷりのっている。
甘い感じがたまらない。

これまで、ホーチミンでも色々な麺類を食べたが、この路上店の味にはオドロイタ!

店は朝のみの営業。
路上の小さいイスに座って食べるフォーは、「あ~~、ベトナムに来たなぁ」って感じがする。

この記事を書きながら、あのフォーが食いたくなった。
次に行ったら、注文間違えて、普通のフォーが出そうだな・・・。

お店の場所は、ホーチミンの1区のハズレのハズレのアタリ(辺り)。
路上なんで住所もよく分からんし、どう説明すれば良いかも検討つかない。
スミマセン・・・。こんな情報で。

フォーボーコーという、ビーフシチューのフォー、これはマヂでアリ!

旅行では食事の回数も限られて、定番のフォーを食べたくなるが、その気持ちをぐっと抑えて、是非、フォーボーコーも食べてもらいたい、そんな逸品だと思う。

そして、何気ない屋台がとんでもない化け物を出す事がある。
美味しそうなニオイとローカルがたくさん食べている屋台が旨さのバロメーターと言うことは間違いない。

最初はローカルと混ざって食べるのは躊躇しがちだけど、案外何とでもなるもんだ。

ホーチミンの屋台めぐり、これは止められない。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

2件のフィードバック

  1. アバター たか より:

    はじめまして。
    ボーコー大好きなので食べに行きたいです。
    次回場所の情報入手できたら教えて下さい。
    私は4区にある店が好きでライムを絞って食べます。

    • Na5ri Na5ri より:

      コメントありがとうございます。そのようなコメントを頂けると嬉しいです。ボーコーのお店は道端の屋台になりますが、今でも健在ですので、改めてブログで紹介させて頂きます!その際は当コメントに記させて頂きます。
      4区のお店美味しそうですね。もし宜しければ、お教え下さい。現地特派員に聞いたら、「4区で美味しいおボーコーのお店は知らん」っとの事でしたので・・・。また、どうぞ、お気軽にコメントをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です