日本でも美味しいブンチャーが猛烈に食べたい!自分で作ってみた!

Pocket
LINEで送る

ブンチャー

I love Bun Cha

ブンチャー、好きですか?

Na5riはブンチャーが大好き。
ベトナムに行ったら、絶対食べたいブッチャー、じゃなくブンチャー。
ホーチミンに行って「何食べたい?」って聞かれたら、ブンチャーと即答するくらいLoveなベトナム料理である。

そもそも、ブンチャー(Bun Cha)とは、ベトナム北部で良く食べられている、ベトナム風つけ麺で、ハノイにはたくさんのブンチャー専門店があるらしい。
ホーチミンにもブンチャーのお店はあるけど、ハノイ程多くないとは、ホーチミンで暮らす現地特派員が言っていた。

で、11月上旬にホーチミンを訪れた際に食べたブンチャーの味が忘れられず、日本に帰ってから、どうしても、どうしても食べたくてしょうがなかった
ブンチャーハノイ26のブンチャー

甘酸っぱいタレ、炭火で焼かれた香ばしいお肉、そして、香草のハーモニーがずっと頭からはなれず・・・。

じゃぁ、自分で作ってしまえと思い、ブンチャーを作ってみたけど、意外や意外、それが中々旨いので、今回の記事でご紹介します。
あ、レシピの紹介ではなく、ど素人でもブンチャーが美味しくできると言う事実をご紹介!

ブンチャークッキング、それではイッテミヨー!

ブンチャーを自作してみた

食べたくてしょうがないブンチャー、どうして自作したかと言うと、ネットでレシピを調べていたら、意外と必要な材料が少ない事に気づいた。
これなら作れそう!

しかも、絶対に必要な材料のヌクナムは稀少なフーコック島産のヌクナムがあるではないか!
ちょっと余談だけど、フーコックのヌクナムは超稀少。
ホーチミンで売られているフーコック産のヌクナムにはニセモノも多いとか・・・で、ベトナム本土からもヌクナムを求めてわざわざ島に行くらしい。
なぜ、稀少かと言うと、飛行機の機内に持ち込む事が出来ないのである。
それは手荷物も預け荷物もである。
なので、宅配で送るしかなく、観光で訪れた場合、ベトナムに住んでいないと中々手に入り難いシロモノ。

フーコック島のヌクナム
そんなヌクナムがあれば、旨いはず!
これは作ってみるっきゃないでしょってことでトライしてみた。

レッツクッキング!

レシピは、自分がベトナムで見てきた記憶、ネットのいくつかの情報をNa5riの頭に詰め込み、ミクスチャーしてアウトプット!
テキトーレシピでトライ!

肉をこねて。
つくねの肉
肉の下味にフーコック産のヌクナムを!
そして、フーコック産の胡椒を!
フーコック島の胡椒
フーコックの胡椒もこれまた旨い!
どれくらい旨いかはこちらの記事を。

やっぱ炭火でしょ!

こだわりたかったのは炭火焼のつくね。
ブンチャーの味には絶対に炭火焼だと思う。
炭火焼きのブンチャーのつくね
あの香ばしさが無ければ、レタントンのお店には勝てない。
炭火でも勝てるわけ無いだろ・・・、スミマセン。

で、ジューと焼いたは良いけど、アブラがスゴイね・・・。
肉をひっくり返すときに、火が凄くて、熱くて熱くて・・・。
これは反省点。

こりゃ、ベトナムで合わせ網で焼かれている意味が分かった。
こんな感じで調理されている。
ブンチャーのお肉を焼いている

近いうちに網を買おう。

で、完成!

出来上がったのがこれ。
ジャジャーン。
ブンチャー

おー、旨そう!
ブンチャー

早速、現地特派員にブンチャーの写真を送ったら、「見た目はブンチャーだな」とお褒めのお言葉を!

ブンはビーフンで代用。
野菜はレタスとシソのみという、何ともシンプルなラインナップ。
タレの具には、人参とネギを。
どうでも良いけど、器はホーチミンのコープマートで買ったチープな感じが素敵なチープな器。

味は?

幾度と無くベトナム料理クッキングで失敗をしているNa5riだけど、今回は予想に反して、これが旨いのよ!

肉の香ばしさ、シソのさっぱり感、タレの甘酸っぱさ、三位一体のブンチャーがキター!

イヤー、これ、旨いよ、想像以上に美味しくできた。
味のポイントは炭火焼のつくねとシソ、あとは美味しいヌクナムかな。
多分、普通のヌクナムでも美味しいと思う。

これなら誰でも作れそう・・・、Na5riが作れたのだから。

反省点はニンニクを生から摩り下ろさなかったこと。
面倒なのでチューブのニンニクを使ったけど、風味が全然違うと思った。
生ニンニクを使うべきだと反省。

すっかり気を良くしたNa5ri、次は合わせ網を買って、ニンニクを改善して、更なる美味しいブンチャーを目指してみたいと思う。

まとめ

今回はブンチャークッキングをお伝えしました。

今回の記事でお伝えしたかったのは、ど素人が作ってもある程度の味のブンチャーが出来たって事!

十分美味しかったので、どうしてもブンチャーが食べたい人は是非ともトライしてみてください。
意外と簡単にできました。

レシピは他のWEBサイトを参考に!
スミマセン、詳しくないので・・・。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です