【南国フルーツ図鑑】意外とイケる!ミルキーな味の釈迦頭(バンレイシ)

Pocket
LINEで送る

釈迦頭

フルーツ図鑑データ

名称:釈迦頭(バンレイシ)
:思ったよりも美味しい!まったり!
美味しさ★★★☆
食べたい度:一度は食べてみたい
食べれれる時期:たぶん1年中売っている。
オススメポイント:日本ではあまり見かけないフルーツだから、食べておきたい
※データは完全にNa5riの主観と独断デス。

釈迦頭(バンレイシ)って?

名前の通り、お釈迦様の頭のようにボツボツした果物。
見た目は正直、あまり美味しそうには見えない。

日本ではほぼ目にすることが無いフルーツだけど、ホーチミンの市場やスーパーに行けば、良く目にするメジャーな果物である。

市場で売られるバンレイシ

食べにくそうだけど、皮はそんなに固くないので、ナイフがあれば問題なく果肉を楽しむことができる。
半分に割ってみると中身は真っ白で種が入った果肉が登場。

釈迦頭の果肉

味の方はと言うと、ほんのり甘い、ミルキーのような味わい
やわらかいココナッツに近いかな~、ココナッツ好きのNa5riとしては嫌いじゃない。
時期や旬もあるのかな~、Na5riが食べた時はそこまで甘くないけど、トロッとした食感は、いかにも南国フルーツの舌触り。

やっぱり見た目で判断してはいけない!
意外な味わいに、旅の楽しさを改めて感じる!

ま、コレを食べるならマンゴーかな~っていう感じは否定できないけど、日本では中々食べることができない果物、一度は試してみたいネ!

ぜひ、お試しを!
>>南国フルーツ図鑑のTOPへ戻る

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です