インスタント麺食べ比べ(27)日本のラーメン!?中華麺Hoang Gia Mi THIT BAM

Pocket
LINEで送る

Hoang Gia Mi Thit Banのパッケージ

インスタント麺食べ比べシリーズ27

ホーチミンから買って来た沢山のインスタント麺の食べ比べシリーズ。

これまで色々な麺を食べてきた。
で、今回が27回目の紹介。

今まで紹介したインスタント麺は、「30種以上のベトナムインスタント麺食べ比べ!おすすめお土産を探せ」をご覧ください。

さてと、今回はMi(ミー)という中華麺の即席ヌードルを食べてみました。
ミーはベトナムに住む華僑により広められた中華麺。
ラーメンに近い感覚なので、日本でもお馴染みの麺である。

という事で、ベトナムの即席ラーメンの味とは、それではイッテミヨー。

Honag Gia Mi Thit Bam(ひき肉中華麺)

今回食べたのは、ベトナムのインスタント麺界の高級商品、Hoang Giaシリーズ。

商品名:Hoang Gia Mi Thit Bam

名前の意味は以下の通り。
Mi:中華麺
Thit Bam:ひき肉。

パッケージデザインの通りひき肉の中華麺である。

さっそく作ってみよう

パッケージを開けると、日本でもお馴染みの乾麺のラーメンとスープ、乾燥の具、レトルトの具が入っている。
Hoang Gia Mi Thit Banの中身

作り方は簡単で、丼にスープと乾燥の具を開けて、400mlのお湯を注いで3分で完成。
Hoang Gia Mi Thit Banの乾麺
レトルトの具は最後に入れる。
Na5riはレトルトの具はお湯に浸して、予め温めておいた。

デキアガリー!
じゃーん。
Hoang Gia Mi Thit Ban

今回のトッピングはレタス、ひき肉炒め、たまご、パクチー。

具のひき肉が混ざってわかりにくいけど、レトルトの具はこれ。
Hoang Gia Mi Thit Banの具

Hoang Giaシリーズはレトルトの具があるので、何も具がなくてもちょっと豪華になる所がうれしい。
その分、お値段は割高だけど・・・。
普通のエースコックの安いインスタント麺の約3倍前後する・・・。

食べた感想

Hoang Gia Mi Thit Ban
やっぱりHoang Gianと言えば、レトルトの具が特徴である。
具の味は、まずまず美味しい。
ちょっとピリ辛だけど、気にするほどじゃない。
もう少し具が入っていたらと思ったのと、ちょっとレトルトな風味もしたけど、即席麺にしては十分上出来!

スープは醤油味というか、何の味なんだろう・・・。
表現が難しいけど、クセがなくて食べやすい。
万人受けしそうな味。

そして、麺は日本のカップラーメンの麺と大差ない。

要はクセのないひき肉ラーメンである。
非常に食べやすい。

個人的にはもっと味にクセがあり、東南アジアな風味を求めたいな。
まぁ、それなら、フォーやフーティウ等の他の商品を買えってことだと思う。

ベトナムに住んでいるなら別だけど、わざわざ旅行で行って、限られたトランクのスペースにコイツを入れるかというと、残念ながらNa5riはコイツを入れるわけには行かない。

かと言って、不味いわけじゃないんです。
悪いわけじゃないんだけど、これは完全に個人の好みの問題。
日本でも味わえそうな味は、ベトナムっぽいお土産としては拍子抜けする印象かも。
それがベトナムの中華麺と言えば、そうだんだろうけど・・・。

味自体は美味しかったです。
今回もゴチソウサマデシタ!

まとめ

Na5ri勝手に採点
74ポイント

レトルトの具が豪華なHoang Giaの中華麺。
味も悪くないけど、もっとクセがある味の方が好きだから、Na5riは控えめ採点。

逆に言うと、クセがないので食べやすいお土産と言えるかも・・・。
ベトナム風ラーメンの味が気になる人は是非!

(勝手に採点について)
Na5riが独断と偏見により食べた感想です。
100ポイントがMAXです。
このポイントは相対的に変動するので、突然変わっていてもユルシテネ・・・。

インスタント麺食べ比べの全シリーズは「30種以上のベトナムインスタント麺食べ比べ!おすすめお土産を探せ」をご覧ください。
美味しいお土産を探してネ。

それでは、良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です