ブンタウ日帰り観光(1) ホーチミンから1番近いビーチリゾートへ。もちろん海水浴も!

Pocket
LINEで送る

ブンタウのビーチ

ブンタウ(VUNG TAU)とは

ホーチミンから手軽に日帰りで行ける観光地、「ベトナムの熱海」と言われるビーチリゾート「ブンタウ(VUNG TAU)」に行った事を書こうと思う。

まず、ブンタウってどこ?ってことで、場所はココ。

アクセスは車か。Na5riは当然、高速船を利用。
ブンタウまでのアクセス(高速船)
この高速船が早そうで少しカッコイイ。

ブンタウは、ホーチミンから高速船で1時間ちょっとで行ける南国アイランド、島である。だから日帰りも全然余裕で可能。

サイゴン川を下る

ホーチミンからサイゴン川を船で下るくだる結構くだる、ジャングルみたいで、それがなかなか面白い。
街中の風景と一変して、熱帯って感じの風景が現れる。
ブンタウまでのアクセス(サイゴン川)

そして一様な風景にすぐ飽きる…

このサイゴン川、泥水で何も見えない、落ちたら何かに食われそうな雰囲気を醸し出している。
ブンタウまでのアクセス(サイゴン川)

ブンタウの見所

ビーチリゾートと言うと、沖縄とか、ニャチャンとかを想像して聞こえが良いので、海水浴場観光地くらいにしておこう。熱海とは上手く表現したものだと思う。リゾートリゾートといえるほどそこまでシャレてはいない。ローカル感が120%の観光地。

ブンタウのビーチ
ビーチリゾート(海水浴場)あり、

ブンタウ市場
ローカル市場あり、

ブンタウのキリスト像
見晴らし絶景の展望台ありと、

1日でヘトヘトになって巡るにはちょうど良いサイズ感。

ブンタウ市場では完熟マンゴーを16円で買ったことがある。格安ローカル市場はオススメ!
ブンタウで買ったマンゴー

しかも島なので、新鮮な海鮮料理も楽しめるのが嬉しい。
旨い★

ブンタウの海鮮料理
こんな料理が楽しめる。

ブンタウの海鮮料理
海鮮炒飯も旨い!
何を食べようかと思って悩んだときには、まずは定番のチャーハン=fried rice!東南アジア各国で食べれるし、大きなハズレが少ないお助けメニュー。

まとめ

ブンタウはこんな人にオススメ!
ホーチミンの街中観光は、2日もあれば割とみて回れる…「ドンコイもちょっと飽きたわ・・・」って、「どっか行くとこないかしら・・・」と思ったツーリストのあなた、ブンタウの出番ですよ。

ビーチに行くとファミリーが楽しそうに海水浴をしている。
ブンタウのビーチ
日本と一緒だなとなんだかホッとする。ここはのんびりと家族連れで1泊しても面白いと思う。

ここで昼寝をした。気持ちよかったな~。昼寝をする位、日帰りでも余裕で見てまわれる島と言うこと。海鮮料理は美味しいし、ローカル市場は安いし、展望台やビーチもありで、十分楽しめる。今度は海パンを持って遊び行きたい、そんなブンタウである。

ブンタウ編は記事が長くなりそうなので、何回かに分けてご紹介しようかな。と、言う事で、ブンタウアクセス編に続く!

ブンタウのアクセス編はこちら(>>ブンタウ日帰り旅行(2) 実際に行ってみたブンタウへのアクセス)

え、続くんかい・・・。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です