ホーチミンはフルーツ天国!マンゴーを1個16円でゲット!味は最高!!

Pocket
LINEで送る

南国フルーツパラダイス

マンゴーは日本では高級フルーツで、中々手の出ないモノ。
国内産とまなれば一個数千円もする、難攻不落の強敵である。
確かに旨いけど・・・

フルーツパラダイス、ホーチミン・シティにおいて、日本の難攻不落の城も、攻め方が見えてくる。

日本の国産のマンゴーと、ベトナムのものは種類も育て方も違うんだろうし、
国産モノは価値があるのは承知のうえではあるが、
タイトルの通り、一個16円となれば、
それは買いっしょ!

しかも、旨い!

格安でマンゴーをゲット!

以前、ブンタウ市場にいった時に買ったマンゴーだが、
驚愕の4000ドンだった。

当時1万ドンが40円ちょっとだったので、16円前後。

ブンタウはホーチミンの港から船で1時間ちょっとのとこにあるリゾート地。


ベトナムの熱海とか比喩されている。
ホーチミンの人が気軽に行けるってことらしい。

で、マンゴーには、もうね、びっくりですよ。


確か、キロ売りだったのを、訳わからんこと言って、一個譲ってもらった記憶がある。
ごめんなさい。

フルーツは価格表示が無いことが多く、値段は交渉制。

現地特派員曰く、
「マンゴーって、庭先でほっときゃできるんじゃないか」と適当かつ、大胆なことを言っていたが、
この気候、ほっといても出来そうな気がする。

肝心なテイストだけど、

「16円、ウマイヨ!!!」、

全然ウマイヨ。

中々黄色いよ。

改めて上の写真!
ガリガリのカタカタを想像してたが、
そこは南国フルーツパラダイスの威信にかけたモノつくり。

ちゃんとした商品。
しかももぎたてだろうし。

100個買っても1600円。
今更だが記憶違いじゃないかと、
自分のもうろくぶりを疑ってみたくなる。

おそるべし、ローカル市場のマンゴー達。

是非、田舎に行ったらマンゴーを。

一個だけ欲しいっていえば、譲ってくれるばす。

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です