ホーチミン旅行で英語が通じる場所はどこだ?ここなら英語が通じた!

Pocket
LINEで送る

チョロン サータイ市場

ホーチミンって英語は通じるの?

ベトナムの公用語はベトナム語であり、ホーチミン旅行中、基本的に英語は通じないと思った方が良い。
英語が話せないNa5riが言うのはかなり気が引けるのだけど、ホーチミンでバリバリのビジネスマンを除いて英語は話せないだろう。
だから、街のローカルレストランや屋台で英語が通じるはずもない。

一方で、日本人がベトナムを旅行するのにベトナム語を話す人はかなりの少数派だと思う。
日本に住んでいて、ベトナム語を操るのはベトナム人かベトナムに住んだ事があるヒト以外、殆どいないと思う。

そうなれば、ホーチミンの旅行中、Na5riはプアーな英語とジェスチャーがメインになる訳・・・。
って事で、今回はホーチミンで英語の通じる場所を考えてみた。

英語を話せるアナタなら、ホーチミン旅行が更に豊かになること間違いなし!
ワタクシニハ関係ナイデスガ・・・。

ここなら英語が大丈夫な場所、それではイッテミヨー!

ここなら英語でコミュニケーションが可能!

うーん、どこなら英語が通じただろう・・・思い出してみてもそんなにないぞ・・・。

以前の記事(ホーチミンで英語は通じるのか?)と被らない内容にしないとと思いつつ、考えてみた。

(参考記事)
ベトナム・ホーチミンで日本語・英語は通じるか?ホテル、レストラン、屋台は?

スマホが活躍!英語NGのホーチミンのタクシー、行き先の伝え方とは

では、英語が通じたところとは、以下のような感じ。

中級以上のホテル

ここは英語がバッチリ通じる!

REXホテル

三ツ星以上のホテルなら問題ない
世界中から観光客が泊まりに来るから、当然と言えば、当然か・・・。

タンソンニャット国際空港

ホーチミンの空の玄関口であるタンソンニャット国際空港。
エアラインのチェックインカウンターのヒトはもちろん英語が通じる。
当たり前だろ・・・。
エアラインスタッフも問題なし。

ホーチミン空港 

お土産屋も免税店なら英語のコミュニケーションはOK。

でも空港内でもしょぼいレストラン等は難しい感じ・・・。
その辺は雰囲気を見れば分かると思う。

意外やベンタン市場

ベンタン市場

観光客を相手にした客商売だから英語が意外と話せる。
さすが、商売熱心だね、ベンタン!
Na5riのカタコトの英語より上手いんじゃ・・・。

あ、でもベンタン市場内でも英語が通じるのは市場の中の目抜き通り的なお店のみ。
観光客にしょっちゅう声を掛けているようなお店は英語も話せるけど、狭い路地のお店やフードコーナーで英語が通じるかと言うとそんな事はない。
ベンタンの店員が英語を話そうが、あまり関係ないような気がするけど・・・。

あとは??

あとはどこだろう、タクシーもダメだし、スーパーもコンビニもお土産屋もNG、ローカルレストランも屋台なんてもってのほかだし、シャンプー屋もダメ、カフェもNO、、、えーと、えーと・・・

ナ・イ・ネ!

あと、英語が通じるのは観光客に人気の高級レストランホテルの上にあるバー位かな・・・。

要はそれくらい通じるところが少ないと思っておこう。
うーん、改めて考えてみると、自分でもよく旅をしていると思う・・・。

まとめ

なんだかまとまりのない記事になったけど、今回お伝えしたかったのはホーチミン旅行で英語はあまり期待しない方が良いよってコト!

Na5riスタイルの旅は基本的に庶民派。
だから、ホーチミンで英語が通じるような所はあまり行っていないっていうのもあるけど。
高級ホテルに泊まり人気レストランでディナーってヒトからしたらちょっと違う感覚なのかもしれないけど・・・。

英語が話せないNa5riでも十分旅行が楽しめるホーチミンということで!

それでは良い旅を!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です