ブンボーフエの注文方法! ローカルレストランでも大丈夫、具の単語を知っていれば簡単!

Pocket
LINEで送る

ブンボーフエ31のスペシャルブンボーフエ

ブンボーフエとは

ブンボーフエとは、ベトナム中部の都市「フエ」の麺料理で、ピリ辛のスープにうどんを一回り細くした麺が入ったウマウマ料理。
ホーチミンに行くとフォーが有名だけど、このブンという麺もポピュラーで、あちこちにお店がある。

米粉で出来ているので、ライトな感じで食べ易い。
ブンボーフエは具が色々と選ぶ事が出来るので、好みで選ぼう。
とは言っても、その選ぶ具がなんだか分からないので、今回はブンボーフエのレストランに行った時を想定して、ローカルレストランでも料理を頼む方法を紹介したいと思う。

これを知っていれば、ブンボーフエのお店で、自分が食べたいモノにありつけること間違いなし!

具が違えば、やっぱ満足度も違うし!
牛肉が食べたかったのに、豚だったコトがないようにね。

それでは、知っておきたい料理のワード(単語)イッテミヨー!

例えばこのお店で

以前、ブンボーフエが旨いお店として紹介した「ブンボーフエ31」。
ほぼ98%はローカルの人たちであろう、ホーチミンのヒトに囲まれて食べるブンボーフエの味は絶品。
ブンボーフエ31の店内

お店の情報は以下のページをどうぞ。

オススメのレストランだけど、こういうお店は観光客をターゲットにしていないので、日本語のメニューはもちろん、英語のメニューすらない事が多い。

壁を見ると、メニューが・・・。
ブンボーフエ31のメニュー

ブンボーフエ31のメニュー

まぁ、こんな感じです。

「やったぜ、旨いと言う店に着いたぜ」と、店員に「メニューをくれ」といったところで、メニューはない・・・。

でも、ここで怯んではアキマセン!大丈夫!

単語を知っていれば、自分の食べたいものが見えてくるので、ちょっとだけ学習してみよう。
Na5riも書きながら学習するとしよう・・・。

ベトナム語の単語が分かれば料理も想像がつく!

では、先程のメニューをもう一度見てみよう!
ブンボーフエ31のメニュー

「BUN BO HUE」は「ブンボーフエ」で分かると思う。

下に書いてある好みの具材を選べばOK。

・THIT BO:牛肉
・GAN BO:牛スジ

BOは牛だと。

・GIO HEO:豚足
・THIT HEO:豚肉

HEOは豚だと。

・CHA BO:ハム(牛肉)
・CHA LUA:ハム(豚らしい)

CHAは巻いた(丸い)ハムみたいなモノだと。

これで35000ドン
日本円で約175円

ヤスー、ウマーが味わえちゃう!

その下にちょっとお高めのメニューがスペシャル。
ブンボーフエ31のスペシャルブンボーフエ
要は全部入りみたいなメニュー。
43000ドン

これで、ローカルレストランのブンボーフエ31に行っても大丈夫。
牛スジや豚足のブンボーフエ、旨そうでしょ!
日本では中々食べれないと思う。

自分が好みの具材を選んで注文しよう!
これを知ってるだけで、食べたいものにありつけるよね。

最後にちょっとだけ・・・

非常に書きづらいのだけど・・・
1つずつ具材を紹介しておいて、今更だけど、ブンボーフエ31に行ったらスペシャルを頼むのがオススメ

コレヲタノムベシ!
ブンボーフエ31のスペシャルブンボーフエ
このスペシャルの具材をみれば、だいたい、上記に出てきた具が分かるでしょ!
言い訳だけど・・・。

牛スジやら豚足やら覚えなくても、1番高い43000ドンのメニューを頼めばOK
満足間違いなし。

逆にNa5riはこれ以外をここで食べた事ないし・・・。

スペシャルと一般で差額は8000ドンしか変わらないし・・・日本円で約40円の違いなら迷わずスペシャル!

ここのブンボーフエは旨いのでどれもオススメです。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です