24時でも買えた! 深夜のプノンペン空港でスマホのシム(SIM)の買い方と販売場所

Pocket
LINEで送る

プノンペン空港のSIM売り場

カンボジアの首都プノンペンの空港

ベトナムのお隣の国、カンボジア。
同じ東南アジアの国で隣同士だけあって、雰囲気は似ているけど、ホーチミンとプノンペンだと、ホーチミンの方が都会。
プノンペンはのんびりしている感じがする。
どっちも好きだけど、プノンペンも楽しい。
プノンペンの街並み

今回はベトナムのお隣、カンボジアのネタを少々

ベトナム旅行でちょっと足を伸ばせば、カンボジアにも行けるし、ツーリストの参考になればと思う。

タイトルの通り、プノンペンの空港でのスマホのSIMの販売について、実際に購入して使ってみたので紹介したい。

この時は、中華系のエアラインを利用して、プノンペンの空港に降り立ったのは深夜0時頃。

正直、こんな時間に東南アジアの空港には降り立ちたくなかったのが正直な感想。

好き好んでこんな時間になったわけではなく、完全な選択ミス・・・値段につられて・・・。

24時間空港なら、空港で夜が明けるのを待つところだけど、プノンペンの空港は24時間空港ではない・・・。
って事で、街中まで移動することになるのだけど・・・。
その話は別の機会で。

そんな深夜に到着(確か、到着便では最終だったと思う)しても、SIMの販売店舗はオープンしているのでモバイルネットワークは確保できた!

シム(SIM)をゲット

プノンペン空港

売っている場所は入国審査を終えて、フリーパスに近い税関も通り、空港の出口を出たところに数店舗ほどある。
プノンペン空港のSIM売り場

こじんまりとした空港なので、動線どおりに行けば、まず分かるはず。
迷いようが無い。
Na5riでも買えたので、誰でもわかると思う。

空港の外には、こんな時間にも関わらず、ワラワラと人が居る。
プノンペン空港の出口
でも、ホーチミンのタンソンニャットのように、人で溢れかえっていることはなく、こじんまりと居る感じ。
写真では多くみえるけど、そんなでもない。

深夜のプノンペン空港

ホーチミンに比べると、スクナイネ。

こんな時間でもタクシーやトゥクトゥクの運ちゃんが居るので、街への移動もあまり心配ない。
あ、この話は別の機会で・・・ゴチャゴチャになるので、サーセン、ペコ。

SIMの話に戻ると、空港を一歩出ると、暑苦しいほどの空気に包まれて、SIM売り場へ行く。
プノンペン空港のSIM売り場

相変わらず中国人らしきヒトがが割り込んでくると言うか、何というか、よく分からない状況で待つこと20分以上・・・
プノンペン空港のSIM売り場

オッソ・・・。

「なんでこんなに時間かかるんじゃい」
って思うほど、作業はゆっくりめ・・・。

お店のヒトはノロノロやっているようには見えないんだけど、なにやら開通の作業に時間がかかるみたい。
正直遅い・・・。

とにかく、人が少ない列か並んでいない店を選ぶことが大切かなと。
どこも大してサービスは変わらんだのろう・・・。

因みに、プノンペンからホーチミンまでバスで移動したが、カンボジアの国境までスマホを使うことが出来た。
ベトナムに入ると、一気に使えなくなる感じだったので、かなりの田舎までカバーしていると思う。

値段は6ドル。
タッケ!

なぜか、お店の表示価格とちょっと違うが、暑いし、眠いし、もう面倒なので、要らぬコトは聞かずに、とにかく早く作業をしろと言う感じで言われるままに太っ腹お支払いをして待つ。プノンペン空港のSIM売り場

写真と価格が違うのが良く分からない・・・。

待つ待つ割り込みの中国人が話し込んで時間かかる、そして、待つマツ・・・。

海外ではもっとこうガツガツしないとダメだね・・・。

支払いはドル払いで。

使った感想は、ネットワークのスピードも問題なく、グーグルマップもスイスイ表示されたし快適なスマホライフを過ごせた。
やっぱ、旅でスマホが使えるのと使えないのでは大きな差。
文明ってありがたや。

まとめ

プノンペンの空港でスマホのSIMは深夜(24時頃)でも買うことができる。
さすがに2時とか3時は知らないけど・・・、24時ころまでは大丈夫。
最終便が到着するまでやお店もやっている模様。

SIMを売っている店は空港を出たすぐの所。
こじんまりとした空港なので、行けば分かる。
出口も1箇所だし。

SIMの設定に時間がかかるので、人が少ないお店を選ぶべし。

表示どおりの金額じゃないけど、大した差じゃないので、支払う。
(語学が堪能なヒトはどうぞ徹底的に確認して下さい。)
お店のヒトが語学がどうかは別だけど・・・。

スマホが戻ってきたら、ちゃんと使えるか確認を!

旅でスマホは必須だね。
それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です