プノンペンの街の移動の強い味方、トゥクトゥクの乗り方と料金について

Pocket
LINEで送る

プノンペンのトゥクトゥク

プノンペンの街中の移動方法

プノンペンの街中の移動はバイクタクシーかトゥクトゥクが基本になる。

バイクタクシーの事は別の記事に譲るとして、今回はトゥクトゥク
プノンペンのトゥクトゥク

プノンペンの街中には日本のように車のタクシーは、流しではほとんど走っていない。
地球の歩き方にも書いてある通り、街中であまり見なかった。
空港にはいっぱい停まっているけど。

Na5riとは無縁のランクの良いホテル等では呼べば来るみたいだけど、乗ったことがないので書けない・・・。

トゥクトゥクはプノンペンでは移動の際の強い味方。
南国の風をカラダに受けながら走るのは気持ちがいい。

そもそもトゥクトゥクとは

トゥクトゥクと言えばタイが有名。
タイのは三輪自動車でちょっと豪華版。
パワーもあるし、改造されて、ウルサイのも走っている。
トゥクトゥクの雰囲気もちょっとお洒落。

一方でカンボジアのトゥクトゥクは原付。
三輪自動車ではない。
プノンペンのトゥクトゥク

原付の後ろにヒトが乗る荷台をくっつけたシロモノ。
プノンペンのトゥクトゥク
馬車の後ろみたいなモノが原付にくっついている。

トゥクトゥクは首都プノンペンでもアンコールワットで有名なシェムリアップでも同じ仕様。
そりゃそっか、国が同じなんだから・・・。

タイのトゥクトゥクに比べるとちょっとパワーは控えめ。

東南アジアに行ったら是非とも乗りたい乗り物のひとつ。
と、言うか、カンボジアにきたら、コレに乗らなきゃ、何乗るの?って感じだから、是非もクソないけど・・・。

運賃は全て交渉制。

メーター制ではなく、乗る前に行き先を告げて、価格をちゃんと聞きだした上で、乗り込もう。
ちゃんと料金を決めて乗れば特にトラブルになった事もない。

因みにホーチミンにはトゥクトゥクという乗り物は存在しない。
車のタクシーが主流である。

トゥクトゥクをどこでつかまえる?

プノンペンの街の中心部なら、どこでも居る・・・。
プノンペンのトゥクトゥク

そこら中に居るので、どこでもつかまる。
例えば市場の近くをフラフラしていると、数10メートルも歩けば、「ヘイ」とか「トゥクトゥク?」とか話しかけられる状態・・・。
プノンペンのトゥクトゥク

お酒を飲んでいるドライバーも見かけたので、そういう運転手は要注意!
やっぱ、飲酒はダメでしょ、事故が怖いし・・・。

因みに郊外になると、トゥクトゥクもそうは居なくなると思うので、往復予約がベターだと思う。
(プノンペンの郊外に行ったことがないのであくまで推測だけど・・・)

トゥクトゥクの料金は?

実際に乗ってみてかかった運賃を一例で紹介したいと思う。
あくまで、交渉ベタ素人ツーリストのNa5riプライスなので、参考程度に。

トゥールスレン博物館~ロシアンマーケットまで

1ドル
最初、3ドルって言ってきたけど、1ドルでファイナルプライスで決着。
グーグルマップで距離を計測すると、約1.5キロ、暑いので、トゥクトゥクを利用した。

オルセーマーケットからプノンペン空港まで

9ドル。
ちゃんと価格を決めて乗れば、取り合えず、モメルことはナッシング。
グーグルマップで距離を計測すると、約10キロ
もしかすると、もう少し安くなるかもって感じもするけど、あんまり値切るのもどうかと思うし・・・。

まとめ

今回はプノンペンの街中でトゥクトゥクを使った移動方法を紹介しました。
距離にもよるけど、中心部のちょっとした移動なら1回1~3ドル程度だと思う。
Na5riの移動価格が適正かどうか分からないけど、ボッタクラレタ感は全くしないし、実際に乗って支払った価格なので、だれかツーリストの参考になれば幸いです。

ホーチミンも良いけど、たまにはちょっと足を伸ばしてカンボジアもどう?

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です