プノンペンの朝食、ローカル客で賑わうオルセーレストランのクイティウが旨い、オススメ!

Pocket
LINEで送る

オルセーレストラン

プノンペンの朝食

プノンペンで迎える朝、旅の楽しみのひとつである朝食を食べようと、フラフラと街を散策し始める。
ホーチミンと同じようにプノンペンの朝も活気がある。
プノンペンの道路事情

市場も朝早くからオープンしていて、お客さんがいっぱい。

旅で食べる朝ご飯はまた格別。

ホーチミンではバインミーか麺が定番だけど、プノンペンにはホーチミンのようにあちこちにバインミー屋台はない。
カンボジアにもフランスパンを挟んだ料理はあるけど、この旅では食べる機会が無かった。

で、朝食の話しに戻ると、目星をつけていた朝ご飯のレストランは「オルセーレストラン」。

「地球の歩き方」に紹介されており、何とも単純な選び方だったけど、プノンペンの情報はネットでも紹介があまり多くなく、時間もなかったので、適当に選んだというのが正直なトコロ・・・。

そのオルセーレストランがアタリだった!

オルセーレストランへ

オルセーレストラン

オルセーレストランはオルセーマーケットの目の前にあるお店。

地球の歩き方によると朝と昼、夜、時間帯によってメニューが異なるらしい。
確かに朝食で行ったけど、店員から「朝のメニューはコレよ」って言われ、言われるままに注文した次第だった。

店の場所はココ。

お店の雰囲気は?

店の前を通ると、雰囲気からして旨そうな予感がムンムンと漂っている。
オルセーレストランの


プノンペンのローカルの人たちで賑わっている!

オルセーレストランの店内
これ大事。
旨い店はお客さんが多い。

そして、お店から漂ってくる匂いが良い!
これも大事!
旨い店は大概良い匂いをかもし出している。

余談だけど、オルセーマーケットの横に中華レストランがあり、上記2つに当てはまっており、食べる機会はなかったけど、ここも絶対に旨い予感がする。
次に行ったら是非食べてみたいと思う。

話は戻って、オルセーレストラン。
ラッキー、アタリじゃない」と心で思いつつ、店員に1人だけど良い?って伝えて、適当なテーブルに座る。
オルセーレストランのテーブル
テーブルの上はキレイに整理されており、割と清潔感がある。

オルセーレストランのテーブル調味料

雰囲気は完全ローカル、この時、観光客の姿は皆無だった。
いいよー雰囲気、期待感が高まる!

ガイドブックの情報はあまりアテにしていないけど・・・失礼しました。

今思えば、プノンペンのお店はどこの店員さんも感じが良かったな~、たまたまかもしれないけど、そんな印象を受けた。
サービスが良いとかじゃなく、ちゃんと対応しようという気持ちが感じられて嬉しかった。

食べた感想は?

で、頼んだ料理はコレ。
オルセーレストランの麺料理

クイティウ」と言う麺料理。
英語名:Chinese Noodle with pork

ハッキリ言って、旨い!

一口食べた時、日本語で、「あ、ウマっ!」って言ったもん。

アジアで一人で食べている時に、自然と「コレ」を発すると、旨いと思った証拠!

これはですね、旨いですよ。

オルセーレストランの揚パン
そして、この油で揚げたヤツをスープに浸して食べる

ヤッター、旨し!

日本のラーメンやうどん等の小麦の麺類と違い、ボテッとしたボリューム感は無いけど、クィティウは軽いので朝食には最適
ツルツルっとライト感覚で頂ける。

スープもしっかり味がついていて、旨いな~と、しみじみ食べた

メニューは色々あったけど、地球の歩き方にも書いてある通り、時間帯によって提供するメニューが異なるみたいで・・・。
オルセーレストランのメニュー

オルセーレストランのメニュー

値段は10000リエル。
2.5UDドル。

ローカルの価格からしたら決して安くないけど、味は間違いない旨さ。

次回プノンペンに来たらまた食べたいと思えるお店だった。
時間帯によってメニューが違うので、今度は昼時にも行ってみたい。

宿の近くにいいレストランを見つけたもんだ。

そして、この朝食の後に、バスに乗ってホーチミンに向かったNa5riでした。

オルセーレストラン、オススメです。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です