【プノンペン街中の移動手段】気軽なバイクタクシーは便利! 料金、注意点、交渉は?

Pocket
LINEで送る

プノンペンの街並み

プノンペンの街中の移動手段

今回はカンボジアの首都、プノンペンを観光する時の街の移動について書いてみたいと思う。

プノンペンの街中で移動する場合、主に4つある。

1つ目がトゥクトゥク

2つ目がバイクタクシー

あと徒歩車のタクシーが挙げられる。

まず、徒歩は年がら年中暑い気候なので、長距離は無理。
短距離でもイヤになる。

次に車のタクシー、これは街中で流しのタクシーはほとんど居ないものと思った方が良く、キャッチするのは難しい。
ある程度のランクのホテルであれば頼めば呼んでくれるみたいだけど、Na5riは街中でタクシーを利用したことが無いのでワカラナイ。

よって、ツーリストNa5riは、自ずとトゥクトゥクorバイクタクシーになる訳だけど、どっちが良いかと言うと、どっちでも良いと思う。

それぞれのメリット、デメリットを書くと以下のような感じ

トゥクトゥク

プノンペンのトゥクトゥク
荷物が運べるのが◎。
バイクと違って安定感があって安心
複数人で乗ることができる。
バイクタクシーより割高感があるが、複数で割れば割安になる。

バイクタクシー

プノンペンのバイクタクシー
最大のメリットは最も安い、そして早い
乗っていて気持ちいい。
最大のデメリットはバイクに慣れていないヒトは怖い。
事故のリスク

こんな感じだと思う。

バイクタクシーはヘルメットも被らないし、あのゴチャゴチャ交通事情のプノンペンならば、乗るのが少々怖い感じもする。
プノンペンの道路事情

バイクタクシーを選択するアナタは完全に自己責任になるので・・・。

最も手軽なバイクタクシー

ここからは完全Na5riの独断と個人的な考えの意見と言うことで!

一人旅ならバイクタクシーが手頃。
街中にはわんさか運転手がいるので、キャッチは簡単。

向こうから話しかけてくる人と交渉するも良し、こちらから運転手に話しかけるも良し、バイクタクシーに困ることはあまり無い。
トゥクトゥクもそうだけど。
(市中の話であって、少し離れた場所はワカリマセン・・・)

乗る前の注意点

バイクタクシーを利用する場合、乗車時の大切な事は行き先を確認する事

行き先が分からないままで出発すると、面倒になるので、「運転手がイマイチ分かっていないな?」って感じの時には、必ずクメール語の地図で場所を見せたりして、「わかった?」っていうのを確実に確認することが大切。

そして、価格を交渉する事!

これも必ず決めた上で出発しよう。
当然、バイクタクシーにメーター制など存在しない。

近場なら大体1ドル程度だから、歩くより全然良い。

実際に乗ってみた料金の目安

(例1)
オルセーマーケットからトゥールスレン博物館まで
グーグルマップで測ると約1.5キロの距離。
1ドル

(例2)
ロシアンマーケットからオルセーマーケットまで

グーグルマップで約2.8キロの距離。
2ドル

行き先と価格が決まれば、あとは後ろに乗るだけ

運転手に身を任せるしかない。

乗ってみると、案外楽しいもので、ゴチャゴチャ交通事情の中を颯爽とは行かないまでも上手く運転するのは面白い。

おー、このバイクと車のゴチャゴチャの中、ツッコムカー、サスガ!」て言うのが何度もある。

スゲー!」って言っていたら、運転手も嬉しそうに笑っていた
笑わなくていいから、前見て!

ホーチミンほどじゃないけど、プノンペンもゴチャゴチャ・カオスな道路事情なので、ちょっとしたエンターテイメントになる。
ホーチミンの方が圧倒的にゴチャゴチャしているけど・・・。

バイクタクシー=イカガワシイって言うイメージがあるかもしれないけど、少なくともNa5ri個人的には案外良い人たちが多い印象を持っている。
イカガワシイのがいるからそういうイメージを持っちゃうのだけど・・・。

最後に付け加えておくと、不安な人にはオススメできません・・・。

まとめ

・プノンペンのバイクタクシーは利用価値
・プノンペンのゴチャゴチャの道路事情を走るのは乗っていて爽快
ノーヘルなので、事故が怖い。
・事故を起こしてもきっと補償等は何も無いと思われる。イヤ、あるワケナイ!
完全自己責任で乗ることを決めよう。

・Na5ri個人的には気軽で安いしオススメの移動手段。

賢く移動して効率よく旅をしよう!

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です