超巨大市場!プノンペンのセントラルマーケットでアジアの熱気を味わおう

Pocket
LINEで送る

プノンペンのセントラルマーケット

プノンペンのセントラルマーケットとは

セントラルマーケットとは、カンボジアの首都プノンペンにある最も有名で且つ、超巨大な市場。

市場好きのNa5riがプノンペンに行ったら行かないはずがない場所であり、真っ先に向かってみた。
他にも行きたい市場があったけど、時間もなくて・・・でも、セントラルマーケットは外せないと思い行ってみた。

オルセーマーケットから歩いて行っても20分かからない位だったので、オルセーマーケットからなら十分歩ける距離である。
面倒なヒトはバイクタクシーかトゥクトゥクをどうぞ。

セントラルマーケットの場所はココ。

市場の周囲にはトゥクトゥクのオヤジ共がたむろしており、観光客Na5riが通過する度にお声カケを受ける。
どーでも良いのだけど・・・。

それでは、迷路のような巨大市場の中を潜入、早速イッテミヨー!

巨大市場の中は迷路のようでオモシロイ

この市場、超巨大で、市場の外周にもお店があるので、一通り見るだけでも結構時間かかる。
通路は狭く、商品は高い所まで積み上げられているしで、まるで、迷路の中を歩いている雰囲気。
迷路のようなプノンペンのセントラルマーケット

貴金属コーナーが集まる辺りは天上がドーム場で開放感いっぱい。
プノンペンのセントラルマーケットの貴金属屋

天井がドーム型のセントラルマーケット

フードコーナー、飲食屋台

フードコーナーはカンボジアのローカルの人達で賑わっていた。
プノンペンのセントラルマーケットの飲食屋台

どこの市場もそうだけど、皆さん楽しそうに、美味しそうに食べている。
プノンペンのセントラルマーケットの飲食屋台

旨そうだな~。
プノンペンのセントラルマーケットの飲食屋台

プノンペンのセントラルマーケットの飲食屋台

匂いも良いね!
プノンペンのセントラルマーケットの飲食屋台

洋服コーナー

女性モノの方が多いかなという印象。
プノンペンのセントラルマーケットの洋服屋

基本的にプライス表示(値札)がないので、価格交渉が必要。
市場の楽しみのひとつとして、どんどん値切ろう!
プノンペンのセントラルマーケットの洋服屋
それにしてもこの洋服の量、何着あるんだよ・・・て不思議に思う。
同じような店ばかり・・・。

そして果物コーナー

プノンペンのセントラルマーケットの果物屋

南国の鮮やかな果物がキレイに詰まれている。
プノンペンのセントラルマーケットの果物屋
こういうのはキレイに並べるんだな・・・。

ここでマンゴーを1つ買って食べたけど、旨かった。
1個2000リエル、日本円で約50円。

ちょっと観光客プライスで割高だった。

魚コーナー

市場には魚コーナーが良く似合う。
プノンペンのセントラルマーケットの魚屋
タライにブクブクで活かした魚を販売する魚介店。
ホーチミンもそうだけど、東南アジアの定番の販売方法である。

その他

この市場内には散髪屋があった。
美容院とも言うべきなのだろうか・・・。
見た感じ女性専用のように見えたけど良く分からかった。

市場の雰囲気は?

この市場では洋服数枚とマンゴー1個を買い、ココナッツジュースを飲んだ。

何かお土産をいっぱい買うわけじゃなく、フラフラするだけでも、やっぱり市場散策は楽しい。

巨大な迷路みたいな探検の雰囲気が味わえる。

ただし、この市場は観光客向けの要素も強い。

店の前を通れば、結構な頻度で声をかけられる。
ハロー」だか、「ナニホシー」だか・・・。

もちろん、客は観光客だけが居るわけじゃないので、それなりに楽しいけど、価格は少し割高感があるかもしれない。

ホーチミンで言うベンタン市場のような雰囲気。
おっ!、我ながら上手いコト表現できたと思う!

でも、ベンタンほど、ガツガツはしていない・・・。

個人的な感想だけど、プノンペンの市場なら、もっとローカルな雰囲気が漂うオルセーマーケットの方が好みかな。

でも、プノンペンに行ったら外せない観光スポットであるセントラルマーケット、一度は行くべき!

プノンペンの熱気を感じられる場所のひとつとしてオススメです。

それではこの辺で。
良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です