珍味!ホーチミンで食べられるカブトガニの炭火焼の味とは?

Pocket
LINEで送る

BBQレストランの具にカブトガニが

ホーチミンから面白いネタが

ホーチミンで暮らす現地特派員からLINEが来て、「今、炭火焼レストランに居るんだけど、面白いモンがある」と。

Na5riも行った事あるお店だから、「あ、あの店ね」って感じで返信していたら、なんと驚きのモノがいるじゃないですか!

って、事で、今回はホーチミンの不思議な珍味食材について書いてみたいと思います。

これは驚いたぜ!

早速、イッテミヨー!

BBQ炭火焼レストラン

ホーチミンには肉や魚、野菜などの具を並べ、好きなモノを注文して、炭火で焼いてくれるBBQレストランがあって、これが美味しくて本当にオススメなんだけど、今回はお店の話じゃなく、具のネタね。

こんな感じで店の軒先に具が並べられている。
BBQレストラン

肉、野菜、魚、貝、おいしそうな具がいっぱい!
BBQレストラン

蛙なんかもあったりして。
BBQレストラン

Na5riも大好きな炭火焼レストラン、好きな具を指差しすれば良いだけなので、ベトナム語が話せなくても全然OK。

で、そんな中、強烈なインパクトを放つ具材が!

BBQレストランの具にカブトガニが

えええええ、

カブトガニー!??

まじっすか。

裏面もちゃんとカブトガニ。
カブトガニの炭火焼
これ、どこ食べるの?
裏面って・・・。

見た目が凄いネ、兜ダヨ!

このお店、Na5riも行った事があるんだけど、その時には、こんなモノは無かった。
カエルより全然インパクトがある!

うぉー、こりゃ、味わいたい。
気になるでしょ、味!

どうやら食べる気が全く無い現地特派員を催促、プッシュ、押しまくったした所、音信不通に・・・。

「・・・」

そして、1時間後にまたLINEが来た・・・。

一言、「来た」と。

え、注文したの???

よく食べたね・・・。

食べた感想は?

焼き上がって出てきたのがコレ!

カブトガニの炭火焼

おーーー。

でも、生の状態とあまり変わり映えしない、いや、黒くなっているか。
コレ焼けているのかな・・・。
甲羅の湾曲部分は火が通りにくそう・・・。

そして、ひっくり返すと焼けているような色をしている。
カブトガニの炭火焼

食べれるのは内部のミソの部分だけ。
足や殻は食べれない。
そりゃ、カニだもんね・・・。
カブトガニの炭火焼

カブトガニの炭火焼

中には卵がいっぱい。
カブトガニの炭火焼の卵

いやーーーー、どーなんコレ?旨いの?

気になる味は、アッサリカニミソらしい・・・

あっさりかい。
うーん、コッテリミソをイメージしていたけど、意外とあっさりしているらしい。

食べていないNa5riが言うのも何だけど、多分、普通の蟹の方が旨そうだな・・・。

気になるプライスは!?

気になる価格は、1匹60000ドン(日本円で約300円)

イメージ的には安い感じがするけど、他のお店がどれ位の価格か知らないので、これが高いのか安いのかが分からない・・・。
でも、このお店はローカルプライスの明瞭会計なので、安いのだと思う。
1匹300円ならちょっと食べてみようかなって感じもする。

Na5riも次回BBQレストランにヤツが居たら、食べてみようかな・・・。
でも、これだけでお腹一杯になりそうだから、どうせ食べるなら美味しい貝を選びそうだな・・・。

まとめ

今回は、ホーチミンの面白食材のカブトガニをご紹介しました。

現地特派員が言うには、BBQレストランじゃなくても、水槽系の魚介レストランでもカブトガニは食材で目にするとの事。
たまに泳いでいるよ」って・・・。
泳いでんだ、アレが・・・。

ホーチミンでは珍しくないらしい・・・。
気になった方は、是非カブトガニのカニミソ&卵をトライしてみてください。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です