意外な旨さに思わず笑った! ホーチミン土産のチーズ味のお菓子bánh quế

Pocket
LINEで送る

お菓子bánh quế

ベトナムのお菓子を色々と買って帰った

ホーチミンから、コンビニやスーパーで売っている一般的なローカルお菓子をメインに買ってきて、どれが旨いか食べ比べてみる、ベトナムお菓子食べ比べシリーズの第二回目はロール系の細長いお菓子。
コンビニで買ったモノ。

前回、「家族に不評、ドリアンの匂いが凄いクリームサンドお菓子はお土産にいかが?」でドリアンのロールサンドを食べたが、個人的には好きだったけど、あのドリアンのガスみたいなニオイにより、ファミリーから大ブーイングだった・・・。

この食わず嫌いが・・・と言いたいけど・・・。

今回のお菓子は2種類の味があって、チーズ味とイチゴ味。
お菓子bánh quếパッケージ

パッケージの見た目はイチゴ味の方が旨いかなと思いつつ、食べたみたら、意外な結果だった。

やっぱ、お菓子は見た目じゃない!

そして、ニオイじゃない。
ドリアンサンドも旨いのに・・・。

今回のお菓子は「COSY bánh quế」チーズフレーバー

グーグル検索で「bánh quế」と検索してみると、ワッフルと結果がでた。

どうやらワッフルらしい。
ワッフルと言われればそうかもしれないけど、見た目はワッフルからは程遠いけど、そのようなお菓子と想像してもらえたら良いと思う。

今回のお味は「チーズフレーバー」。
パッケージのチーズの見た目も旨そう。
お菓子bánh quế

トムとジェリーに出てきそうなチーズの絵がそそるし、ロールの中のとろりとしたチーズのビジュアルも期待感を高めてくれる。

開けるとこんな感じ。
お菓子bánh quế

コワレテル・・・。
お菓子bánh quế
こわれているのはしょうがない。
ホーチミンから長旅でお菓子が多少壊れることもあるだろう。

お菓子が悪いわけじゃないと言う事にしておこう。

食べてみると、ロールの部分はパリパリ
しっとり感は全くない。

日本でロールのお菓子と言うとヨックモックとかが連想されるけど、それとは全く違うサクサク感。

パッケージの感じだと、チーズがトロリってしているのかと勘違いしそうだけど、想像通り、ロールの中のトロリとしたチーズの感じは全く無い!
お菓子bánh quếチーズ

全くとろりとシテイナイネ。
OK、想定内!

味が大事!ってことで、味はというと、これが意外と旨い!

いやー、そこまで期待していなかったけど、悪くない!

チーズのしょっぱさが結構効いていて、チーズも濃厚、サクサクのロールと微妙に合っている。
甘さの中にしょっぱさが混同していてオモシロイ。

次も買っても良いかなと思えるお菓子だった。
とは、言いつつも、ホーチミンのお土産らしさは全く無い。

これがチーズの本場の国とかなら、地場産チーズを使った・・・とか言えるだろうけど、ホーチミンでチーズのロール菓子?は?、なんで?って・・・。

と、いうのを気にしなければ、自分用のお土産には良いと思う。

まとめ

お菓子bánh quếとコーヒー
今回のロール菓子の「COSY bánh quế」チーズフレーバー、旨かった。

次にホーチミンに行ったら買うかと聞かれると、多分買うかもって感じ。
なんとも微妙な答えだけど、絶対にオススメできるかと言うと、そうでもなく、じゃぁ、ダメなのかというと、そうでもなく・・・。

味は悪くないので、お菓子単体としたら良いのだけど、お土産にはどうかというと、ホーチミンらしさに欠けるので人様に差し上げるには不向きかな。

そう、自分用になら◎なお菓子、これが結論!

一度食べてみて!

次にホーチミンに行ったら多分買うと思うNa5riです。

では、良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です