マンゴーをお土産にしたいアナタ、ドライマンゴーなら旨い安い持込OK

Pocket
LINEで送る

市場のマンゴー売り場

マンゴーは日本に持ち込み不可

生のフルーツのマンゴーは日本への持ち込みはNG
バレなきゃ良いではなく、やっぱ決まりは守るべきだと思う。
東南アジアに行くと、マンゴーが格安で売っている。
しかも味は絶品。

これまでベトナムで買ったマンゴーで一番安かったのが1個16円

こんな状態だと、日本に持って帰りたい気持ちも沸々の沸いて来るが、堪えるしかない

生のフルーツのマンゴーは諦めるとして、でも諦め切れないアナタに強い味方が!
そう、ドライマンゴーならお土産として日本への持ち込みOK

ドライマンゴーなら持ち込みOK

市場に行けば量り売りのドライマンゴーが大量に売られている。
市場がイヤならスーパーに行けばドライマンゴー商品が売っているので、こちらはパッケージに入っているので衛生的。
市場

でも、安く、大きい固体のモノを買うなら市場に限る。

この生のマンゴーをそのままドライにしたような見た目のマンゴー。
ドライマンゴー

タンディン市場で買ったもの。
タンディン市場は完全ローカルの面白マーケット。

場所はココ。

ベンタン市場とは全然違う雰囲気が楽しめる。

もちろん、ベンタン市場にも売っているので、どこででも買うことが出来る。

味は?

味は甘い、旨い!

最初はかたいけど、噛み続けている内に、「ううううう~~~マンゴー」ってなる!

さすがにドライなんでジューシーさは無いけど、ドライはドライの旨さがある。

はっきり言おう!
その辺のスーパーのお菓子をお土産にするなら、全然ドライマンゴーがオススメのお土産品になると思う。

ホーチミンのお土産のお菓子って・・・あんまり美味しいのに出会った事がない・・・。

食品ならベトナムコーヒーとお米、調味料を良く買うかな。
お菓子はちょっと控え気味。

そんなお菓子系土産にネガティブイメージを持つNa5riのヒットがドライマンゴーだった。

値段は?

ドライマンゴーも色々と値段があるみたい。

今回購入したのが、100gで3万ドンのシロモノ。
日本円で約150円!安い!!
これがローカルの価格。

この写真の袋に入っているので280グラムあった。
ドライマンゴー

300グラム買って、少し食べたので・・・。
多分、市場のおばちゃんも適当に計っているし、割と食べたので、300グラム以上はあったと思う・・・。

200グラムも買えば結構な量を楽しめるんじゃないかな。

実は、今、この記事を書いている時、ドライマンゴーを食べている。

カミカミ・・・すると・・・、

キタキタキターーー「ううう~~~マンゴー」。

ウマイネ!
コレ、クセになる味。

生のフルーツマンゴーは持って帰れないけど、ドライで南国マンゴーを味わってはどうでしょう。
オススメのお土産ッス!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です