えっ!本当? 牛乳が甘い!? ホーチミンは砂糖入り牛乳が一般的、その見分け方とは

Pocket
LINEで送る

無糖牛乳

えっ!?甘い牛乳が一般的!?

ホーチミンで買ったBLACKの缶コーヒーが甘かったのには驚いたけど、甘いのはコーヒーだけじゃなかった。

なんと、ベトナムで売られている牛乳は甘いのである。

そんなバカな、と日本では思ってしまう。

そんな事ありえない!
牛乳が甘いなんてと思ってしまう。

が、ウソのような本当の話で、ホーチミンでは甘い牛乳、スイートなミルクが一般的なのである。

中国や台湾で甘いお茶が一般的なような感覚なんだろうか・・・。
甘くないと金を払う価値が無いって言うような・・・。

ホーチミンで暮らす現地特派員は、普通の牛乳を買うと甘い牛乳になるので、無糖の牛乳を選んで買わないといけないらしい。

今日はそんな、ちょっと日本の常識と違うベトナムをご紹介します。

甘い牛乳と無糖の牛乳の見分け方

牛乳のパッケージに書かれている文字を確認。
写真を見てみよう。

写真(A)とする。
砂糖入り牛乳

写真(B)とする。
微糖牛乳

写真(C)とする。
無糖牛乳

え! 3枚同じ写真が3枚並んでいるけど?」と思われたかもしれないけど、微妙に違う。

写真(A)を拡大すると、
砂糖入り牛乳

写真(B)は、
微糖牛乳

写真(C)は、
無糖牛乳

と、言う感じで、砂糖の有無が表示されている。

まず、写真(A)と写真(C)の「Co Duong」と「Khong Duong」をチェック!

Co Duong」が砂糖入りで甘い牛乳である。

Khong Duong」は、無糖で普通の日本と同じような牛乳である。

イヤー、日本の常識は本当に通用しない。

そして、「砂糖入りはちょっとねぇ」、「でも無糖は味気ないし」って方のために、写真(B)の「it Duong」という、微糖(砂糖控えめ)の牛乳がある。

オモシロイ!

ベトナムの人からするとこれが普通。

一方で、ベトナムの人が日本で暮らすと、「何で甘い牛乳がナイネン!」、「日本って牛乳が全然甘くないんだよ!変な国!!」って言う事になっているのかもしれない・・・。
いや、きっとそうだろう・・・。

毎日、日本で牛乳を飲んでいる人が、ホーチミンを旅行で訪れて、「やっぱ朝食はどこでもパンと牛乳」という信念のもと、コンビニで朝ごはん用にパンと牛乳を買ったら、たまげる事間違いなし!

でも、この記事を事前に読ん頂いたアナタ、これで牛乳選びも完璧デス!

是非、ホーチミンに行ったら、日本では、ほぼお目にかかることが出来ないであろう、スイートミルクを試してみてはどうでしょう!

Na5riも次にホーチミンに行ったら、バインミーと共に甘い牛乳を頂いて見るかな。

まとめ

ホーチミンの牛乳は砂糖入りが一般的。
以下の文言を確認して購入しよう。

無糖:Khong Duong

微糖:it Duong

有糖:Co Duong

旅で牛乳を飲む時は、チェックをお忘れなく!

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です