ベトナム観光でチップって必要? 旅行中のチップ・マナーについて

Pocket
LINEで送る

広々としたカラベルホテルのお部屋

チップのマナーについて

日本で生活していると馴染みの薄いチップ。
普通に生活している分にはまずチップを渡すことはないだろう。
少なくとも日本に住むNa5riの場合、これまでチップと言うものを渡した事があるのかどうか・・・あまり記憶にない。

そんなだから、チップが当たり前の国に行くと戸惑ってしまうもの。

では、ベトナム・ホーチミンの場合はどうでしょうか。
チップは必要なのでしょうか?

実際の旅で感じた事を書いてみたいと思います。
それではイッテミヨー

ベトナムの場合、チップって必要?

ホテルやレストラン、タクシーなど、チップが必要そうなケースについてみてみよう。
まずはホテルから!

ホテル

カラベルホテル 玄関
ホテルではチップは必要ない。

ベッドメイクにチップを置いても置かなくてもOK。
その辺は個人の判断で。

ベルボーイやルームサービスには1万ドン程度渡せば良い。
どっちでも大丈夫、個人の気持ち次第。
5つ星ホテル~3つ星ホテルまで泊まった事があるけど、どこもそんな感じだった。

ローカルレストラン

ファニーのお水サービス
まず必要ない。
渡されたら喜ぶ事だろうけど・・・ローカルレストランでチップなんか考えられない。

高級なレストラン

高級店でもサービス料が付加されている場合は不要らしいと、地球の歩き方に書いてある・・・
書いてある・・・
って、オイ、知らんのかい・・・。

ホーチミンで高級なレストランはあまり行った事がないし・・・、スミマセン・・・。

マッサージ

ホーチミンを観光していて歩きつかれたらマッサージがオススメ。
Na5riの場合、日本ではまずマッサージに行く事はないけど、ホーチミンを訪れたら、たまに行っている。
旅ならではのプチ贅沢と言うか・・・日本では考えられないような価格でサービスが受けられるので。
良く行く所は、確か、60分で20万ドン程度だったかな・・・。

マッサージではサービス終了時にチップを渡している。
感謝の気持ちを込めて、ありがとうって。
個人の判断になるだろうけど、Na5riの場合、5万ドン程度渡している。
もちろん必須ではないので、渡す渡さないはあなた次第で。

タクシー

空港のタクシー

Na5riの場合、帰国時に空港まで利用した際に、お釣りを渡すことある。
「ホーチミン、楽しかった、また来るね」と言う感謝の気持ちを込めて渡している。
別にタクシーの運ちゃんに感謝の気持ちが満載ってわけじゃなく、旅への感謝かな・・・。

結論

基本的にベトナムではチップを渡すことはケースはほとんど無いと思う。
もちろん、自分が受けたサービスに満足すれば、ありがとうの気持ちで渡すのはアリだし、その辺は個人の判断になるんじゃないかな。

これまで何度かホーチミンを訪れて、チップを渡した記憶があるのは、帰国のタクシーとマッサージの時だけのような気がする。
それ以外はナイ・・・、
日本と同じ感覚で大丈夫!

これで、旅のチップ不安も解消だネ。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です