カンボジアの定番乗り物トゥクトゥク、国で比較すると違いが分かる

Pocket
LINEで送る

プノンペンのトゥクトゥク

トゥクトゥクって?

トゥクトゥクってご存知でしょうか?

タイに旅行された事がある人はお馴染みの乗り物、トゥクトゥク(TUKTUK)。
バンコクのトゥクトゥク
排気音がトゥクトゥクいうことからTUKTUKと名づけられた乗り物で、タイでは庶民の足としても利用されている。
ケタタマシイ音のトゥクトゥクもあれば、ノーマルタイプのモノまで色々。
トゥクトゥク・トゥクトゥクと音を出しつつ走っている。

そのトゥクトゥク、東南アジアでは色々な国で走っているらしい。
カンボジアでもトゥクトゥクが走っており、プノンペンでは街中にタクシーが流していないので、トゥクトゥクが大活躍!

そんなトゥクトゥクについて、今日は国によって仕様が違うことを見てみたいと思います。

名前は同じトゥクトゥクでも、何が違うのかな?
それではイッテミヨー!

トゥクトゥク比較!

隣同士の国タイとカンボジア。
同じトゥクトゥクと呼ばれても随分と異なる。
あと、ちょっとインドのトゥクトゥク(オートリキシャ)も見てみよう!

タイのトゥクトゥク

バンコクのトゥクトゥク
やっぱ、トゥクトゥクと言えばタイでしょ!ってイメージがある。

タイのトゥクトゥクは三輪車のような乗り物で、言うなれば車の後ろに乗る感覚に近い。
アユタヤのトゥクトゥク

バンコクのトゥクトゥク
ノスタルジックな雰囲気がちょっとカッコカワイイし!
ライトなんか丸目でそそるよ!

欲しくなったNa5riは売っているところを調べたら日本にもあるようだけど、壊れた時のパーツの供給に不安があるし、中々のお値段だったので、やっぱ無理かなと思っている。
ちょっと、欲しいぞ、タイのトゥクトゥク・・・。

続いてカンボジアのトゥクトゥク

プノンペンのトゥクトゥク
カンボジアのトゥクトゥクは、バイク(スクーター)の後ろに客が乗るスペースをくっつけた乗り物で、言うなれば馬車の後ろに乗る感覚に近い。
馬車に乗ったことがないけど、たぶんそんな感じかなと・・・。

プノンペンのトゥクトゥク
原付の雰囲気がタイのトゥクトゥクよりさらにノスタルジック。
あまりカッコカワイクナイ・・・。
(あ、個人的な感想なんで・・・)

なんか、原付馬車みたいだし・・・。
カンボジアのトゥクトゥク
欲しくならないNa5riは売っているところを調べるわけもなく。

でも、このトゥクトゥク、乗ってみると快適。
カンボジアの暑い気候と風が気持ちいい。
プノンペンのトゥクトゥク

原付のようなバイクが原動力なので、スピードは早くないし、道の整備状態が良くないカンボジアではガタンゴトンと良くゆれる。
それがまた、カンボジアらしくて良いんだけど。

因みにタイのトゥクトゥクの方がスピードは出る。

インドはオートリキシャ

悪名高きインドのトゥクトゥク、インドではオートリキシャと言われ、観光客をボリまくる乗り物。
サイゴンブログではベトナム・ホーチミンがメインでちょっとカンボジアの話題だから、あまり触れないけど、オートリキシャの写真も1枚ほど。
ニューデリーの駅前ネ!
インドのトゥクトゥク
見た感じはタイのトゥクトゥクに近いかも。
インドのトゥクトゥクもカッコイイナ~。
これが一番好きかも。
この雰囲気がたまらない。

どのトゥクトゥクも素敵!

今回は国で異なるトゥクトゥクをご紹介しました。

見た目はインドのトゥクトゥクの乗り物の方が好みだけど、乗ってみればどれも味があって素敵★
トゥクトゥクに乗る時は交渉制になるので、乗車前に行き先を告げて、料金の合意があった上で出発しよう。

プノンペンの街中でトゥクトゥクに乗る方法はこちらの記事を参考にどうぞ。
実際に乗ってみて、料金の目安や交渉方法も紹介しています。

因みに、ベトナムではトゥクトゥクは走っていない。
三輪車はよく見るけど、お客を乗せてはいない。
ベトナムだとやっぱりタクシーが便利だね。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です