16種類のベトナムコーヒーからオススメを探せ!「SON TUNG2」編

Pocket
LINEで送る

sontung2 コーヒーパッケージ

コーヒー味比べ?

ホーチミンに行って、沢山のベトナムコーヒーを買ってきて始めた、ベトナムコーヒー味比べ。
その数、20種類以上!

(参考記事)
20種以上のベトナムコーヒーを味比べ!コーヒーお土産のNO1を探せ

ベトナムって、コーヒー生産量が世界第2位ってご存知でしょうか。
だから、ホーチミンの街中にはカフェが溢れ、スーパーのお土産コーナーにも広々としたコーヒー売り場がある。カフェもあちこちにありまくる。

ホーチミンでそんな風景を見ていると、色々とコーヒーを試したくなってくるじゃないですか!
って事で色々と飲み始めた次第。

年間350日はベトナムコーヒーを飲むNa5riとしては、書きたくてしょうがない。ただ、コーヒーのウンチクとか詳しくないので、その辺は個人的な感想と言うことでご勘弁を。ホーチミン旅行のお土産を選ぶ参考になれば嬉しいッス!

それではベトナムコーヒー味比べのはじまり、はじまり!

今回は「SON TUNG 2」

この記念すべき、最初のコーヒー味比べにエントリーされたのが、「SON TUNG 2」。赤いパッケージがカッコイイ、コーヒーの豆らしさを連想させる。

商品名:SON TUNG 2

sontung2
目立つパッケージなので、タックススーパー等のコーヒーコーナーに行けば、Na5riでもすぐに見つけられる代物。

なぜ、商品名の後に2がつくかと言うと、グレードの違い。要は商品が違うわけで、2、3、4とある。その他に1や5があるのかは覚えてない。買って帰ったのが2、3、4の3種類なので・・・。普通に考えたら、1がありそうな気がするが、今度行った時に見てみよう。

グレードが違えば、もちろん値段も違う。数字が小さいほど安く、大きいほど高い。そして味も違う。実はもう既に2、3、4は飲んでみたが、正直ココまで違うとは思わなかった。イイカゲンなベトナムにしては、ちゃんと違うのに驚いた。

SON TUNGはNa5riの好きなコーヒーの一つである。だから最初のエントリーにした。やっぱ好きなのから書きたいし。

この写真が豆の様子。
sontung2 コーヒー豆

テイストチェック!

sontung2 コーヒー
毎朝の飲むコーヒーはブラックで飲んでいる。だから、味比べは全てブラックで比較する事とする。
というか、普段ブラックだから、それ以外だと面倒なんで・・・。
>>ベトナムコーヒーの入れ方の記事はこちら。

さて、このSON TUNG2の気になるお味は、一言で言うと、ベトナムコーヒーらしいコーヒーといえる。何をもってベトナムコーヒーらしいかと言うと、それは筆者の独断と偏見。そう思ったのでしょうがないと思って下さい。

ブラックコーヒーなのにしっかり甘い香り・味が一応ある。日本の一般的なコーヒーを飲みなれている人には、「ナンじゃコレ」ってなりかねないが、これを飲み慣れるとトリコになる、Na5riはその1人である。

しかし、少し雑味が残る。旨い苦味じゃなく、あ、ニガって感じが残る。SONTUNGSontungファンとしては悪くは書きたくないが、正直に書いてみた。

コスパを考えると、しょうがないのかもしれないが、そこがマイナス点。旨いコーヒーは雑味が少ないと思っている。でも、決して不味いわけではなく、コストパフォーマンスにも優れているので、初めてベトナムコーヒーを試したい人には、良いと思う商品。安いの第一。

そこそこの味。
安い価格で、良くも悪くも一般的な苦めのベトナムコーヒーの味を楽しめるランクだと思う。

まとめ

【Na5ri COFFEE CHECK!】
品名:Son Tung 2
香り:★★
キレ:★★
コク:★★
苦味:★★★★
甘さ:★★☆

※★は5段階評価
★は1で、☆は0.5として勝手に評価。
例えば、★★☆なら2.5と言う意味。

今後もベトナムコーヒーの勝手なレビューを紹介するので、関心があれば覗いてネ。

【ご注意】
※ベトナムコーヒー味比べはNa5riの嗜好を元に完全独自の偏見120%、勝手気ままに書いている、大してコーヒーの味もウンチクも分からないモノが採点しているもで、コーヒーの旨い、不味いを判断するものではありませんがお土産などの参考に大いに活用してください。あと、何回か飲んでいるうちに、★のチェックが変わるかもしれません。(勝手にしろって感じだろうけど・・・)

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です