ホーチミン変り種土産、ドライザボンはどんな味?みかんの皮の乾燥だ!

Pocket
LINEで送る

美味しいホーチミンのドライフルーツ

先月、ホーチミンで暮らす現地特派員が一時帰国すると言うことで、Na5riが「ドライフルーツって美味しいよね」と言った所、乾燥系のフルーツを色々とお土産で買って来てくれた。

ホーチミンに行ったら是非ともお土産に、ドライフルーツをオススメしたい。

オイシイヨ!

その中でもマンゴーは特にオススメ!

噛めば噛むほどマンゴーの甘さが染み出すその味わいは、絶品。
そんな会話をしていたところ、現地特派員が、「じゃぁ、適当にオモシロそうなドライフルーツを買ってみるよ」と言ってくれたので、楽しみにしていたところ、今回のザボンのドライフルーツという、なんとも柑橘系な、そして微妙なシロモノを頂いたのである。

初めて食べるドライザボン、どんな味でしょうか。
それでは試食レビュー、イッテミヨー!

ドライザボンをお土産でもらった

そもそもザボンって何?って人も居ると思うので、簡単に説明すると、柑橘系の果物である。
みかんのでかい版である。

生ザボンの写真が手元に無いので、「ザボンってナンジャイ?」って気になるヒトはグーグルで検索してみて。

ホーチミンの人はザボンの事を「グレープフルーツ」って呼んでいるらしい。
ザボンでもグレープフルーツでも似たようなモノかもしれない。

ドライザボンはこんな品です。
ドライザボン

さて、このザボンのドライフルーツ、果実がドライじゃなくて、皮である。
皮を薄くスライスし、乾燥させたもの。
ドライザボン

見た目はイカの珍味にありそうだな・・・あの薄いイカ。
もしくは鰹節にも似ているな・・・。

なぜ、現地特派員がザボンを選んだのか、市場に行けば色々な種類のフルーツがあるのに、ザボンを選んだ理由は不明。

好きなのかな・・・。

さて、食べてみよう。

どんな味?お土産にどう?って事が大切よね!

ザボンの皮、タベテミタ。

う~ん」、決して旨くはないな・・・
頂いておきながら、こんなコメントは控えたいけど、正直に書かないと読者さまに誤った情報になるから・・・。

ちょっと酸味があって、噛んでいるうちに甘みがほんのりあって、旨みはあまりない。
食感はモサモサ気味。

何かの料理に使えば良いのかな・・・分からない。

焼酎に入れてみたが、特にみかんの味が染み出ることは無かった・・・。
所詮、果物の皮、と、覚えて置いて下さい。

あ、オレンジ風味のケーキとか、洋酒を入れて作れば美味しいかも!
そんなモノ、自分で作れる訳もなく・・・。

ドライフルフルーツを買うならドライマンゴーだね。

あと、パイナップルのドライフルーツも貰ったから、こっちは期待できそう。
挿しがです!

ザボンは期待通りの期待はずれって感じでした。

しかも、大袋のお土産529gもあるけど・・・食べ応えあるね。
ドライザボン重さ

ちゃんとイタダキマス!

ザボン好きなヒトには美味しいのかな・・・、お好きなヒトはどうぞ。

それではこの辺で、良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です