格安LCC!ホーチミンからクアラルンプールへエアアジアに搭乗

Pocket
LINEで送る

クアラルンプール

LCCなら格安の往復60ドル

ホーチミンからも様々な格安LCCが飛んでいる。
今回はエアアジアでホーチミンからマレーシアに行ったコトを書きたいと思う。

チケットはセールじゃなくても格安!

ホーチミン~クアラルンプールが往復で約60ドルと言う安さ。
(季節にもよると思うけど)

例えば、ホーチミンに1週間の旅行を立てた場合、一足伸ばしてマレーシアに行くって言うプランもアリだと思う。
だって、約60ドルよ!
片道約30ドル!

日本からマレーシアに行くのは大変だけど、ホーチミンからならすぐ!
タンソンニャット空港

チケットを予約した時の詳しい情報はコチラを記事をどうぞ。

国内旅行感覚!ホーチミンからクアラルンプールへ

朝8時半頃のフライトだったので、市中を6時に出発。

道もガラガラ、余裕でタンソンニャット空港に着いたらたまげるほどの混雑ぶり。
タンソンニャット空港

この空港、こんなに行列になることあるんだ・・・と思いつつ、暫く並ぶ。
タンソンニャット国際空港

ちょっと早めに空港に行って、ラウンジでノンビリするのも良いよ。
タンソンニャット空港にはプライオリティパスが利用できる素敵なラウンジがある。

ホーチミンからクアラルンプールまでのフライトは約2時間。
LCCエアアジア

値段も片道約3000円なら、「ホーチミンに1週間居るなら、ちょっと他も行きたいな~」ってヒトや、「バンコク、ホーチミン、クアラルンプール、色々と悩んだけど、ホーチミンにしたわっ!」って旅行者に、欲張っちゃえ!、っと言いたい!!!

クアラルンプールの空港から中心部までの移動で特急電車に乗ると約1500円くらいするから、どれだけエアアジアがお買い得かわかる。
バスだと約300円だけど・・・。

で、Na5riプランナーからの提案!

余裕があるなら、ホーチミンもクアラルンプールもどっちも行ってしまえ!
頑張れば行ける!
頑張らなくても行ける!

往復6000円程度なら日帰りでも行ける!
そう、日本の国内旅行日帰りバスツアー感覚で、異国のマレーシアまで旅行を楽しめちゃう。
ちょっと、言い過ぎかもしれないけど・・・。

クアラルンプールに行けば、ホーチミンとは違うグルメが待っている!
福建麵
福建麵、激旨だったなぁ~!

マレーシア料理 サテ
サテと共に「ビールが旨かったな~」と言う思い出もできる!

おー、いつもはクダラナイノニ、たまにはこのブログも良い情報流すじゃん!」って思ったアナタ、アリガトウ。
でも、落とし穴にはまらない為にも、以下の注意事項もちゃんと読んでね!

もし、ホーチミンに日帰り感覚ツアーを楽しむ場合の注意事項がある。

ビザにご注意を!

ベトナムに入国するには観光で一定の要件を満たせば日本人はビザは緩和されている。
要はビザが必要なくベトナムの旅行が楽しめる訳だけど、一度出国すると、ビザが無いと再入国が出来ない

例)
日本→ホーチミン→クアラルンプール→ホーチミン。

日本からベトナムに行き、底からマレーシアに行き、再びベトナムに戻ってくる場合、前回のベトナム出国日から再入国までの期間が30日未満の場合は、ビザが無いと、入国できない。

だから、Na5riツアーズ推奨の「日帰り感覚クアラルンプールの旅」をしたい時には、ベトナムの観光ビザが必要って事になる。

先に言えよって言われそうだけど・・・。

更にご注意を!
シングルビザだと、一度目の入国時でビザの役目を失効する恐れがあるので、マルチで取っておく必要がある。
実際には分からないけど、そうなる可能性があるので。
現地特派員がそうなるだろうって言ってた・・・。

ご注意を!

因みに、この時のNa5riは、エアアジアでホーチミンからクアラルンプールに行き、クアラルンプールからプノンペンに行ったので、ホーチミンには戻っていないので、ノープロブレン。

まさに日帰りツアーを体験したのであった。

そのかわり、カンボジアのビザは取っていたけど・・・。

ビザを取ってでもどう?LCCを使ったツアー、楽しいよ!

それではこの辺で、皆さんも良い旅を!

あわせて読みたい!

ベトナム旅をもっと楽しむために!
知らなきゃ損!ベトナム旅が楽しくなるSNSも要チェック!お気軽にフォローしてネ。
インスタグラム
ツイッター
 
最新情報をLINEでお届け!
LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です