ホーチミンの雨季、スコール土砂降りの対処法!傘はあまり役に立たない

Pocket
LINEで送る

スコール

雨季と乾季

南国ホーチミンには雨がたっぷりと降る雨季晴れた日が続く乾季がある。
雨季は日本のゴールデンウィーク明け位から11月頃までで、雨が降りやすく、激しいスコールが多い。

一方、乾季は、12月頃からゴールデンウィーク頃までで、ほとんど雨が降らず、カラッと晴れて暑い日が続く。

(参考記事)
ホーチミンの天候を知ろう!気温、降水量、暑い?雨は?

1年で一番暑い季節は6月~7月。
一番暑いって言っても、年中大差ないわけであるけど・・・。
この時期は雨も降るし、暑いしでこれぞ南国って感じが味わえる。

>>ホーチミンの気候についてはこちらでも詳しく紹介しているのでどうぞ。

雨季の雨の特徴

雨季に降る雨、それはもう激しい
スコールと言う熱帯独特の降り方で、日本の梅雨のようなシトシト降る雨ではなく、ザーと強烈な雨。
スコールの激しい雨

雨は1~2時間程度で止むことが多く、その後は晴れたりする。
と思えば、数時間降り続くこともあったりする・・・。

空が暗くなり、雲が増えてきたなと思ったら、スコールの合図!
そろそろヤバいかなと思って行動しよう。
市民劇場
こんなに青空があっても、ちょっと雲多いなと感じるはず。

雨季に旅行に行ったらそう言うもんだと思って、予め旅のプランを立てるのが良いと思う。
雨季には美味しいフルーツも一杯あるし、そういう楽しみ方もあるかな。

乾季にもフルーツはあるけど・・・。

雨が降った時の行動、どうする?

たいていは1~2時間程度で止むとして行動しよう。

と、言う事で、
実際に雨季で雨が降ったらどうするかクイーズ

スコールが降ってきた時、あなたならどうする?
3択です。

(1)タクシーに乗って次の移動場所まで移動する。

(2)傘を持っているからダイジョウブ!歩く

(3)あきらめてカフェで雨宿り

正解は・・・

人それぞれで考え方が違うと思うけど、Na5riならどうするかで書いてみたいと思う。

まず、(1)のタクシー

スコール中にタクシーを捕まえる事はまず不可能に近い。

みんなタクシーで移動するので、空車が捕まらない!
そして、雨の中のんきにタクシーを拾いに行けるような雨ではない。

だから、Na5riはタクシーの選択は無しで考えている。

次に(2)の傘で歩く

南国ホーチミンの雨季のスコールをなめてはイケません!

スコール
その雨の強さと言ったら、バケツをひっくり返したという表現がぴったり。
※もちろん、毎回そういうわけじゃないけど・・・。

そんな中、傘なんて全く役に立たない!

Na5riの英語力程度の役にしか立たない。
すなわち役立たずと言うこと。

この選択肢も無いかな・・・。

そして、(3)雨宿り

正直、これに限る。

雨でカフェに非難
ツーリストとしては雨宿り等で限られた時間は取られたくない・・・、しかしこればっかりは諦めてカフェなどに非難するのが良いと思う。
幸い、ホーチミンにはカフェがあちこちに溢れている。
Saigon cafe

まとめ

雨季に旅行する時は、宿命と言うことで。

スコールの時にはカフェやデパート等で雨宿りが良いと思う。

Na5riは持っていかないけど、賢明なツーリストなら雨季の旅行なら一応折り畳み傘があると良いかも。
ちょっとした移動、例えば、ホテルからタクシー乗り場に行く時など、傘があるのと無いのとでは結構違う。
それ位の雨が降るということ。

でも、雨季だから絶対雨が降るか?と言えば、そうでもなく、自身、6月の雨季にもホーチミンに行った事があるが、その時は1日も雨に降られなかった。

そういうコトもあれば、7月に行った時には、午後の3時間くらい降り続いたこともある・・・。

と、思えば、乾季の1月なのに雨にあったこともあるし・・・、まっ、色々あるね、天気だし。

天気ばかりはどうする事もできないので・・・。

雨降った、しょうがないから、あきらめよう。
Na5ri、ウキウキの俳句・・・これに限ると思う。

雨季はスローな旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です