はじめてのホーチミン旅行計画!観光で主要な街のエリアを知ろう

Pocket
LINEで送る

ホーチミン人民委員会庁舎

観光で知っておきたい街の名前

初めての都市を旅行する時、○○周辺とか○○通りとかって言う、ランドマーク周辺を把握すると思う。
ホーチミン観光でも同様で、覚えておいたら便利なスポットや通り名があり、これを知ることで、街の全体像が見えてくる。

って事で、今回の記事ではホーチミン観光で最初に知っておきたい街のエリアをご紹介します。

これを知っておけば、観光で行くべきスポットがどこにあるって言う、全体像が見えてくるので、是非とも把握を!

それではイッテミヨー。

大雑把にエリアを把握

今回は観光でメインになるであろう、街の中心部にスポットを当てます。

中心部と空港の距離感、位置関係

まずはホーチミンの空の玄関口、タンソンニャット国際空港とホーチミン1区の位置関係を把握しよう。

空港から繁華街までは直線距離でだいたい8km。
タンソンニャット国際空港の場所
歩ける距離じゃないので、タクシーが便利。

こちらの記事「ホーチミンタンソンニャット空港から街までの距離、時間、場所は?」に詳しく書いているので、参考にどうぞ。

空港の位置を把握した所で、主要な街のエリアを見てみよう。

主要な街のエリア

大雑把に分けるとこんな感じ。

街のエリア

(1)ベンタン市場周辺
(2)ドンコイ通り、グエンフエ通り周辺
(3)レタントン通り(日本人街)、タイバルン通り周辺
(4)ブイビエン通り、デタム通り周辺
(5)タンディン市場、タンディン教会周辺
(6)チョロンエリア

それでは、それぞれのエリアの特徴を見てみよう。

(1)ベンタン市場周辺

ベンタン市場周辺

ホーチミン観光の超メジャーなスポット、ベンタン市場を中心とした界隈。
ランドマークのベンタン市場をはじめ、人気料理店もいっぱいの散策エリアである。
ベンタン市場~ドンコイ通りにかけてが、はじめてのホーチミン観光ではメインの散策エリアとも言える。

【みどころ】
ベンタン市場高島屋、ホーチミン市美術館、タオダン公園、鶏のフォーが美味しいティエムアンカットゥーンなど

(2)ドンコイ通り、グエンフエ通り周辺

ホーチミン人民委員会庁舎

ホーチミンの目抜き通りと言えば、ドンコイ通り
ドンコイ通り
ドンコイ通りは世界の有名ブランドショップやおしゃれな雑貨屋、高級老舗ホテル等が立ち並ぶ、ホーチミンでもっとも最先端を行く通り。
外国人観光客でにぎわうエリアである。

そして、ドンコイ通りと平行して走るグエンフエ通りは、人民委員会庁舎に繋がる大通り。
グエンフエ通り

この界隈には市民劇場(オペラハウス)サイゴン大教会と言った有名観光スポットが目白押し。

また、タックススーパービンマートシティマートなど、お土産を買うのに便利なスーパーマーケットなどがある。

【みどころ】
人民委員会庁舎市民劇場サイゴン大教会ホーチミン中央郵便局など

(3)レタントン通り(日本人街)、タイバルン通り周辺

レタントン日本人街

レタントン通りの北より(ドンコイ通りを越えたあたり)には日本人街がある。
この界隈には日本語の看板も多く、日本食レストランもいっぱい。
お寿司やラーメン、お好み焼きといった、和食が恋しくなったら、このエリアに行けば、何かしらありつける。
お寿司はすしコが有名だね。

あと、日本人街にありながら、異質のローカルな雰囲気を放つ有名店「ブンチャーハノイ26」はオススメ!

(4)ブイビエン通り、デタム通り周辺

ブイビエン通り、クレイジーバッファロー

ホーチミンの夜の歓楽街と言えば、ブイビエン通り。
世界中のバックパッカーが集まるエリアとして有名なこの界隈は、夜になると大音量の音楽とお酒を楽しむ人でいっぱい。
カオスな雰囲気が満載のエリアである。
バックパッカーが多いので、安くお酒を飲めるのもありがたいね。

【みどころ】
歓楽街ブイビエン通り、ツアーデスクが連なるファングーラオ通り、デタム通りなど

(参考記事)
ビールが格安50円~ホーチミンで飲むならデタム通りもオススメ!

(5)タンディン市場、タンディン教会周辺

ライトアップされたタンディン教会

ホーチミン市内1区の北側にあるタンディン市場周辺。
ここはピンクの教会で有名なタンディン教会があり、たくさんの人たちが写真を撮りに訪れる。
この界隈には有名なベトナム料理屋も多く、タンディン市場とセットで散策するのも面白いエリアである。

【みどころ】
タンディン市場タンディン教会、バインセオ46A、クックガッククアンなど

(6)チョロンエリア

チョロン

チョロンはホーチミンの中華街で、市内の5区と6区の一部をあわせてそう呼ばれている。
チョロン(Cho Lon)とはCho=市場、Lon=大きいと言う意味で、エリア全体が大きな商業圏のような感じ。
明確にここからここまでがチョロンってエリアはないけど、歩いていて、中華風な雰囲気の街並みになったら、きっとそこはチョロンだろう。
ティエンハウ寺やビンタイ市場など観光での見所もいっぱいのエリアである。

【みどころ】
ティエンハウ寺、ビンタイ市場、チャータム教会、サータイ市場、アンドン市場など

まとめ

今回はホーチミンの観光で役立ちそうな街のエリアについてご紹介しました。
大雑把なエリア分けだけど、メジャースポットを押さえたので、まずはこれらの地域を把握すれば、観光に役立つこと間違いなし。

街の概要を把握して、効率的に街散策をお楽しみください。

それでは良い旅を!

あわせて読みたい!

サイゴンブログの読者になろう!
ホーチミンの楽しい情報をLINEでお届け。

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です